カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Landing Int’l 韓国済州島Jeju Shinhwa 20年度1H,売上35億円,赤字110億円~極度の経営悪化

2020-08-19

【海外ニュース】

8月17日、中国のLanding International Development(藍鼎国際、香港上場)は、2020年度1H(1-6月)業績に関する警告(PROFIT WARNING)を発表。
8月末に確定値を発表予定。

同社の事業のほぼすべては、韓国済州島における外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)Jeju Shinhwa World関連である。

2020年度1H(1-6月)の売上高は、HK$261mn,YoY25%減(約35億円)、税引後損益は前年同期のHK$836mnの赤字(約114億円の赤字)と同等。

2019年度より、業績は極度に悪化したが、2020年には新型コロナウイルス(COVID-19)が一段の打撃となった。

2019年度(1-12月)業績:
・売上高HK$816mn,YoY61%減, 税引後損益HK$2,133mnの赤字(前期HK$702mnの赤字)
・円換算は、売上高111億円, 税引後損益290億円の赤字
・部門別売上高は、ゲーミングHK$213mn, ノンゲーミングHK$489mn, プロパティセール(ヴィラなど)HK$114mn

2019年12月末 財務:
・現金・現金等価物HK$398mn, 短期借入金HK$859mn, 長期借入金HK$1,708mn, リース負債HK$81mn
・ネット有利子負債 HK$2,250mn(約306億円)

<参考>2018年度(1-12月)業績~継続事業ベース:
・売上高HK$2,099mn,YoY2.5倍, 税引後損益HK$702mnの赤字(前期はHK$156mnの赤字)
・円換算は、売上高298億円, 税引後損益100億円の赤字
・部門別売上高は、ゲーミングHK$1,487mn, ノンゲーミングHK$253mn, プロパティセール(ヴィラなど)HK$341mn

開発事業:
<フィリピン>
・2018年4月、フィリピンマニラ首都圏パラニャーケ市より、エンタテインメントシティにおけるIR開発計画NayonLanding(総投資額15億米ドル、2022年前半に開業予定)の承認を得たと発表
・2018年7月、現地子会社Landing Resorts Philippines Developmentが、ゲーミング管理当局PAGCORからライセンスを取得したと発表
・一方、2018年1月、ロドリゴ・デュテルテ大統領がフィリピン国内のすべての新規IR計画の停止を表明
・2018年8月、ロドリゴ・デュテルテ大統領は、NayonLandingに係るリース契約を非承認。現在までフィリピン政府からの連絡なし
<日本>
・2018年5月、和歌山県統合型リゾート(IR)シンポジウムに来場し、参画意欲をアピール。和歌山県IRに30-40億ドル(3,000-4,000億円)を投資する考えを示した
・ただし、2020年4月に開始した和歌山県RFPには参加せず

Yang Zhihui(仰智慧)会長の失踪と復帰:
・Yang Zhihui(仰智慧)会長は、2018年8月23日に失踪し、約3ヵ月後の11月26日に職務に復帰
・同社は、会長が失踪の間、中国政府の調査に協力していたと説明。
・会長は、Landing International Developmentの筆頭株主であり、発行済株式の50.48%株を所有する。

韓国済州島 外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)Jeju Shinhwa World概要

<スケジュール>
・2014年3月に232haの用地を取得。2015年2月に起工式、2015年8月に開発開始
・2017年4月に一部開業
・2018年2月にカジノ部門が開業し、フェーズⅠがフル開業

<総投資額>
・18億米ドル(2015年2月発表)

<フェーズⅠ施設概要>
・ホテル 1,400室 Jeju Shinhwa World Landing Resort, Jeju Shinhwa World Marriott Resort
・フルサービスコンドミニアム Somerset Jeju Shinhwa World
・MICE Landing Convention Centre
・K-popテーマゾーン YG Republique
・テーマパーク Shinhwa Theme Park
・ショッピング Shinhwa Shoppes
・カジノ Jeju Shinhwa World Marriott Resort内(5,500㎡。テーブル155台、スロット239台、および、電子テーブルゲーム)

<雇用>
・2,000名前後(2018年2月時点)

 

韓国:IR上場3社計 19年度 営業益586億円,YoY21%増。P-City貢献/Landing Jejuは収益激減

韓国証券取引所に上場するIR3社であるKangwon Land(KWL)、Grand Korea Leisure(GKL)、Paradise Company Limited(Paradise)は2019年度4Q業績を発表。
発表日は、KWL、GKLが2月11日。Paradiseが2月26日。

3月10日、Landing International Development(香港上場)は、2019年度の大幅な損失拡大の警告を発表。

韓国では現在17ヵ所のカジノ施設があり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人が入場可能な唯一の施設はKangwon Land(Kangwon Landが運営)である。

Paradiseは4ヵ所(ソウル、仁川、釜山、済州島)、GKLは3ヵ所(ソウル、釜山)の外国人専用カジノ施設を運営。
Landing International Developmentは、済州島における外国人専用カジノIR”Jeju Shinhwa World”(2018年2月25日開業)を運営。
この3社が、外国人専用カジノ市場のほとんどを占有。

<Kangwon Land>
・2017年末から18年前半の営業規制強化の影響が一巡。内国人市場は、回復基調
・政府・文化体育観光部は、2017年12月28日、Kangwon landに営業規制を通知(*1)
– マス・テーブル数削減(180台から160台)は2018年1月1日実施
– 営業時間の短縮(10am-6amから10am-4am)は2018年4月1日実施

(*1)2017年12月、政府は、Gambling Industry Reform Planを提言。Kangwon Landの売上抑制策に重点を置いた。政府は、2008年、ギャンブル産業への売上成長キャップ(7種目合計GGR/GDPの上限値を設定)を導入。2014年以来、7種目合計GGR/GDPを0.54%以下に抑制する方針とし、各種目に成長許容上限値を割り振った。Kangwon Landは、7種目の中で、唯一、上限値を超過

<Paradise, GKL(外国人専用カジノ施設運営)>
・2社計の2019年度業績は、売上高1,323億円,YoY16%増, 営業利益134億円,YoY38%増
・Paradiseは、ParadiseSegasammy(Paradise City運営会社。出資比率:パライダイス55%,セガサミー45%)の伸長が寄与。同施設は、2019年3Qより四半期営業黒字化を達成

<Landing International Development(香港上場)>
・3月10日、Landing International Developmentは、2019年度の当期損失が前年度実績の2.6倍以上に拡大すると発表
・同社の外部売上高は、済州島における外国人専用カジノを含むIRであるJeju Shinhwa World関連のみ
・2019年度業績は、売上高が100億円未満、当期損失が260億円以上と推定される。Jeju Shinhwa Worldの売上高が大幅に減少
・同社の2019年度1H(1-6月)業績は、売上高HK$347mn,YoY80%減, 株主帰属当期損益HK$836mn(前年同期HK$281mnの黒字)であった(円換算:売上高49億円、株主帰属当期損益117億円の赤字)

韓国の外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)の開発動向

現在5つの大型の外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)の開発計画が具体化。
このうち、Paradise&セガサミーHDの「パラダイス・シティー」、Landing International Development「Jeju Shinhwa World project」は、それぞれ開業済み。

仁川広域市の永宗島(仁川空港を含む)には3つの大型IR計画がある。
・Paradise&セガサミーHDの「パラダイス・シティー」(投資額:第1期15,675億ウォン≒1,568億円, 開業:第1期1次2017年4月20日, 2次2018年9月21日)
・Caesars Entertainment CorpとGuangzhou R&F Propertiesの計画(投資額:第1期7億ドル, 最終20億ドル, 開業予定:第1期2021年初)
・Mohegan Gaming and Entertainmentの「インスパイア」(投資額:第1期16億ドル, 最終50億米ドル, 開業予定:第1期2022年)

済州島では2つの大型IR計画がある。
・Landing International Development「Jeju Shinhwa World project」(投資額:18億ドル, フェーズⅠ開業:2018年2月25日)
・ロッテ観光開発&中国緑地グループ「ドリームタワーカジノ複合リゾート」(投資額:7,000億ウォン≒700億円, 開業予定:2019年10月)

カジノIRジャパン関連記事:
・Landing International Development Ltd 業績など
Landing Int’l 韓国済州島Jeju Shinhwa 2019年度業績 売上111億円,YoY61%減, 赤字290億円
韓国:IR上場3社計 19年度 営業益586億円,YoY21%増。P-City貢献/Landing Jejuは収益激減
Landing Int’l 英Les Ambassadeurs Club売却 アジア集中 中国政府の海外投資制限の影響見えず
・Landing International Development Ltd 済州島Jeju Shinhwa World
韓国:Landing Int’l 済州島2,000億円IR”Jeju Shinhwa World” カジノ, フェーズⅠフル開業
Landing Int’l 新株発行250億円調達 韓国済州島2,000億円IR計画へ充当へ すでに7割投資済み
・Landing International Development Ltd 仰智慧会長
Landing Int’l 仰智慧会長, 3ヶ月ぶり復帰。政府調査協力~韓国済州島IR運営。和歌山に営業
Landing Int’l 仰智慧会長 失踪後、依然として連絡とれず~韓国済州島IR運営。日本にも営業
Landing Int’l 仰智慧会長が失踪、株価大幅下落~韓国済州島IR運営。フィリピン、日本に営業中
・Landing International Development Ltd 日本活動
IR企業動向:中国 Landing Int’l 日本IRレース参入。和歌山シンポ参加。外資間競争さらに熾烈
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.