カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





中国:政府, 海外カジノ都市のブラックリスト策定, 渡航制限へ~ジャンケット規制の可能性

2020-08-27

【海外ニュース】

8月27日、中国国営通信・新華社は、中国政府(The Ministry of Culture and Tourism)が、外国におけるギャンブリングを含む観光地のブラックリスト・システムを構築すると報じた。

政府は「いくつかの海外の観光地が、ギャンブリングサービスにより中国人旅行者を集客し、中国人のアウトバウンド観光市場を崩壊させており、中国人の財産や生命を危険に晒している」とした。

ブラックリストを構築する際、政府の関係部門が連携し、渡航制限を課していくとした。

新型コロナウイルス(COVID-19)前の、中国人の主なカジノにおける渡航先は、韓国、カンボジア、フィリピン、シンガポール、マレーシア、オーストラリアなど。

現在のところ、ブラックリストは未策定であるが、政府は、中国人VIPを対象としたジャンケットの活動を規制する可能性が高いと考えられる。

2013年の中国政府の反腐敗対策は、マカオにおけるVIP事業に大きな打撃を与えた。

中国:中央銀行 ギャンブリングに関わる資金流出阻止の方針を鮮明化

6月、中国人民銀行(中央銀行)は、「クロスボーダーのギャンブリングに関わる資金流出の仕組みの阻止は、中央銀行に与えられた”重要な政治的使命”である」とのステートメントを発表。

中国 本土ではロッタリーのみ合法。カジノ産業はマカオに集中

中国政府は、中国本土では、ロッタリー(ビデオ・ロッタリー・ターミナルを含む)のみを認めている。
カジノ・ゲーミングは、特別行政区であるマカオのみに限定して認めている。

ロッタリーは、福祉ロッタリー(China Welfare Lottery Issuing Centre, CWLC. 1987年設立)、スポーツロッタリー(China Sports Lottery Administration Center, SLAC. 1994年設立)の二つの系統がある。
それぞれ、中国政府の管轄下にあり、政府歳入の主な使途は、前者は福祉、後者はスポーツ施設整備・振興である。

中国財務省によれば、2017年のロッタリー販売額は、4,270億人民元、YoY8.1%増(約7.5兆円)。
このうち、福祉ロッタリーは2,170億人民元、YoY5.1%増(約3.8兆円)、スポーツロッタリーは2,100億人民元、YoY11.4%増(約3.7兆円)であった。

カジノIRジャパン関連記事:
・中国政府
マカオ:習近平主席, 経済政策言及せず/賀一誠長官, 大湾区構想, MICE, 文化産業育成
マカオ:中国政府 マカオを金融, MICEセンターへ。習主席, 今週発表~香港を追走・補完へ
中国:政府高官 海南島の開発方針について。ゲーミング否定~IR設置の市場思惑に対して
・マカオ(中国本土からマカオへのビザ政策は、中国政府の専権事項)
カジノIRジャパン:マカオの動き

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.