カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:Suncity Group 豪政府, Alvin Chau氏のコンプラリスクを指摘~Crown調査で明らかに

2020-10-21

【海外ニュース】

10月19, 20日、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州ゲーミング規制当局(The New South Wales Independent Liquor and Gaming Authority)は、ライセンス適格性調査に関連し、Crown Resortsに対するヒアリングを実施。
その内容をオーストラリアの各メディアが報じた。

Crown Resortsは、2017年6月、AUSTRAC(The Australian Transaction Reports and Analysis Centre。マネー・ローンダリングやテロ資金に関する疑わしい取引の情報を一元的に受理・分析し、捜査機関等に提供する政府機関)より、Suncity Group HoldingsのCEOであるAlvin Chau氏が“foreign politically-exposed person”(政治との関連性が強い者)、“substantial criminal history”(重大な犯罪歴)がある旨の電子メールを受領していたことを明らかにした。

Crown Resortsは、2019年まで、Crown Melbourneにおいて、Suncity Group Holdingsのジャンケット部門(未上場部分)とのビジネスがあった。
9月25日、Crown Resortsは、2021年6月末まですべてのジャンケット事業者とのビジネスを停止し、事業の在り方を再検討すると発表。

2018年以降、ニューサウスウェールス州ゲーミング管理当局は、Crown Resortsのマカオ事業者との関連性を懸念視してきた。

2019年5月30日、Melco Resorts & Entertainmentは、CPH Crown Holdings(Crown Resorts創業家であるJames Packer氏の持ち株会社。Crown Resorts株式の約47%所有)から、オーストラリアのCrown Resortsの株式19.99%を取得すると発表。当時は、子会社化を視野に入れていた。

Melco Resorts & Entertainmentは、Crown Resorts株式9.99%を取得したが、その後、ニューサウスウェールス州ゲーミング管理当局が調査を本格化し、追加の取得を停止した。

2020年に入り、Melco Resorts & Entertainmentは、ニューサウスウェールス州ゲーミング管理当局の反応、および、コロナ対策による手元資金積み上げ方針もあり、Crown Resortsの株式を売却した。
Melco Resorts & Entertainmentは、Crown Resorts株式9.99%の売却により、売却損230億円の計上を余儀なくされた。

マカオ:Suncity Group(上場部分)20年度1H 当期損失19億円,債務超過~和歌山RFP参加中

8月28日、Suncity Group Holdings(香港上場部分)は、2020年度1H(1-6月)の業績を発表。
同社(香港上場部分)は、Suncity Groupにおいて、観光、IR投資事業を担当。ジャンケット事業部分は、同名で非上場。

2020年度1H(1-6月)業績は、売上高は12億円、最終赤字19億円。売上高は、ホテルIRコンサルティング、旅行関連で形成。

2020年6月末 財務状況:
・債務超過額 RMB540m(84億円)
・ネット有利子負債 RMB3,631mn(563億円)
– 手元流動性 RMB1,661mn
– 有利子負債 RMB5,293mn(株主・関連会社からの借入金 RMB1,802mn, 銀行借入 RMB1,270mn, 転換社債RMB2,218mn

2020年度1H(1-6月)業績:
・売上高RMB77mn,YoY73%減, 当期損益RMB123mnの赤字(前年同期RMB1,254mnの赤字)
・円換算は、売上高12億円, 当期損益19億円の赤字

<参考>2019年度業績(1-12月):
・売上高RMB612mn,YoY23%減, 税引前損益RMB1,495mnの赤字(前期RMB1,378mnの赤字), 株主帰属当期損益RMB1,484mnの赤字(同RMB1,459mnの赤字)
・円換算は、売上高92億円, 税引前損益は224億円の赤字, 株主帰属当期損益223億円の赤字

Suncity Groupの投資開発中のプロジェクトは以下の通り。
・The Hoiana Project(ベトナム):IR開発計画。34%のエクイティ出資
・The TIGRE DE CRISTAL(ウラジオストク):IR施設。Summit Ascent(同施設の60%のエクイティ所有)に24.74%のエクイティ出資(新株引受で最大69.78%へ)
・宮古島ホテル計画(日本):開発会社MSRDに51%のエクイティ出資
・The Westside City Project(フィリピン)の一部用地におけるカジノホテル:開発会社Suntrust Home Developersに51%のエクイティ出資(取得した転換社債の転換後、株式所有は74.42%に増加へ)。総開発費は3億米ドル以上(330億円以上)

Suncity Group Holdingsは、和歌山県RFPに参加中。和歌山県は、IR事業者公募選定(Request-For-Proposal)参加条件に、IR開発運営実績要件を設けなかった。ただし、和歌山県は、そのRFP選定作業において、実績を重視することは確実視される。

和歌山県は、RFPへの参加者は、以下の二者。
– クレアベストニームベンチャーズ(株):クレアベスト・グループは、カナダをベースとする未公開株投資会社。投資対象にIR含む
– サンシティグループホールディングスジャパン(株):マカオをベースとするジャンケット,IR投資,観光グループ

なお、8月24日に発表されたSummit Ascent(当社の関連会社。9月以降に子会社化を予定。ロシア, Tigre De Crystalに60%出資)の2020年度1H(1-6月)業績は以下の通り。
業績悪化の要因は、新型コロナウイルス(COVID-19)対策、主に、1)ロシア連邦が外国人の入国を一時禁止、2)3月28日よりカジノ営業を停止、など。ロシアのカジノIRは、7月16日に再開した。

関連会社 Summit Ascent 2020年度1H(1-6月)業績:
・当社関連会社(当社による株式所有率24.74%)。ロシア・ウラジオストクThe TIGRE DE CRISTAL運営会社の株式60%を所有
・売上高HK$96mn,YoY63%減, 調整後プロパティEBITDA HK$22mnの赤字(前年同期HK$109mnの黒字), 株主帰属当期損益HK$47mnの赤字(同HK$43mnの黒字)
・円換算は、売上高13億円, 調整後プロパティEBITDA 3億円の赤字, 株主帰属当期損益6億円の赤字

Suncity Group Summit Ascent(ロシア, Tigre De Crystal)の子会社化を9月に延期へ

8月12日、Summit Ascent Holdingsは、6月1日に発表した新規株式発行手続きの延期を発表。延期後、9月7日に株主総会を開催し、議案を決議する。

現在、Suncity Group Holdingsは、Summit Ascent株式の24.74%を所有。
上記の新規株式発行を通じ、Suncity Group Holdingsは、最大でSummit Ascent株式の69.78%を所有へ。最大の取得価額計は約174億円。

Summit Ascentは、ロシアウラジオストクのIR施設The TIGRE DE CRISTALの運営会社の株式60%を所有する。業績及び施設は、図表の通り。

Suncity Group Holdingsは、今回の取引でSummit Ascent、つれて、IR施設運営会社を連結子会社とすることになる。

Summit Ascent 事業概要:

・ロシア・ウラジオストクThe TIGRE DE CRISTAL運営会社の株式60%を所有

2019年度業績(1-12月):
・売上高HK$533mn,YoY15%増, 調整後プロパティEBITDA HK$82mn,YoY11倍, 株主帰属当期利益HK$215mn,YoY18%増
・円換算は、売上高75億円, 調整後プロパティEBITDA 30億円, 株主帰属当期利益11億円

開発状況および施設:
・最終投資額は約7億米ドル
・第1期の投資額は1億7,200万米ドル、ホテル121室、テーブル65台(VIP25台、マス40台)、スロット約800台。フル稼働時1,100人雇用
・第2期はレビュー中であり、コンセプトデザインを検討中。2022年開業を目標。ゲーミング施設は第1期と同等、ホテルは240室以上
・訪問者数の7割はロシア人、3割は外国人(主に中国、韓国)。売上高の8割は外国人

 

Suncity Group フィリピンIR共同開発の追加合意発表。二つめのIR子会社~和歌山RFP参画中

7月23日、フィリピンのSuntrust Home Developers(Suntrust)は、Westside City Resorts World(Westside)が、追加合意を発表。
同日、親会社であるSuncity Group Holdingsが、香港証券市場に発表。

合意内容は、
(1)Suntrustは、Westsideに、3回目の預託金8,200万ドル(85億円)を供給。過去2回の預託金は6,600万ドル(70億円)。プロジェクト用地に関連
(2)Suntrustのカジノホテル建設資金3億ドル以上(320億円)の調達期限を、2020年9月末から12月末に延期(Longstop Date)
(3)2020年12月末までに調達が実行されない場合、合意を解消し、預託金はリファンド

2019年10月28日、Suncity Group Holdingsは、フィリピンの国際IR計画Westside City Resorts Worldの共同開発に関する合意を発表。
同時に、そのスキームとして、Suntrust Home Developersの株式51%の取得を発表。取得対価は、PHP1.1 billion(約23億円)。

2020年1月8日、Suncity Group Holdingsは、Suntrust Home Developersの増資に対応。Suntrust Home Developersの増資額は、50億フィリピンペソ(約110億円)。Suncity Group Holdingsは、新規発行分の51%相当を引き受けた(増資後も株式所有率は不変)。

Westside City Resorts Worldは、エンタテイメントシティの4つのIR計画の一つ。Travellers International Hotel Group(Alliance Global GroupとGenting Hong Kongの合弁。Resorts World Manila- Newport City-を運営)のマニラ首都圏における二つめのIR計画。

2019年10月28日に発表された合意内容は、
・Travellers International Hotel Groupが、Suntrust Home Developersに、Westside City Resorts World内の一部用地をリース
・Suntrust Home Developersは、リースされる用地にメインホテルカジノを開発・運営
・Suncity Group HoldingsがSuntrust Home Developersを子会社化(株式51%取得), 第二位株主はMegaworld(株式34%取得)
・メインカジノホテルの施設計画概要は以下の通り
– 5スターホテル。400室以上, スタンダードルーム平均面積34㎡以上
– カジノフロアは、おおむね400テーブル、1200スロット
– 駐車場960台
– 総開発費は3億米ドル以上(330億円以上)

Suncity Group Alvin Chau氏, 悪意ある噂を否定。適法, 財務安定性を強調~和歌山RFPに参画中

7月12日、Suncity Group HoldingsのCEOであるAlvin Chau氏は、メディア向けビデオをリリース。同氏は、直近の同社を巡る噂を否定し、同社が適法に事業を推進していること、財務が安定していることを強調した。

噂とは、”中国政府が全国的な犯罪撲滅の動きを進めており、同社をターゲット”、あるいは、”同社が財務危機に直面”、など。

同氏は以下の3点を強調。
1)同社が香港の暴徒集団を資金援助している事実はない
2)中国政府より、同社がVIP顧客情報の開示を要求された事実はない。また、同社の顧客情報がリークした事実もない。同社は、顧客情報を適法に管理
3)同社の財務状況は安定しており、顧客の不良債権、チップデポジットに対処可能。数日前時点で、VIPルームのキャッシュフローは186億香港ドル(約2,604億円)。一方、銀行デポジットは、165億香港ドル(約2,310億円)。2019年末のリザーブは、15.7億香港ドル(約220億円)。

また、同氏は、新型コロナウイルス(COVID-19)においても、従業員すべての雇用を維持していると説明。

最後に、同氏は、関係者に対し、悪意ある誤った情報の拡散を止めること、そして、マカオの関係者が団結して新型コロナウイルスの危機に対処することを呼びかけた。

Suncity Group ベトナム・ホイアナIR 6月28日にプレビュー開業~和歌山RFPに業容転換

6月23日、Suncity Group Holdings(香港上場部分)は、6月28日にベトナム・クアンナム省のホイアナIR(フェーズⅠ)がプレビュー開業すると発表。グランドオープンは、2021年の予定。
ホイアナIRの着工は、2016年であった。

Suncity Group Holdingsは、ホイアナIRの運営会社(Hoi An South Development)の株式の34%を所有。同社にとって、初めてのIR開発計画。

フェーズⅠの投資額は、6.5億ドル。

フェーズⅠのハイライト(グランドオープンまでに順次開業予定)は、
– 4つのホテル(Hoiana Hotel & Suites, New World Hoiana Hotel & Residences, KHOS Hoiana, Rosewood Hoi An)。合計1,000室超
– 4kmの海岸線。今後、ビーチクラブを開発予定
– 18ホールのゴルフコース
– 多数の飲食, エンタテインメント
– カジノ施設(テーブル, ゲーミングマシン含む)

5月15日、Suncity Group Holdingsは、関連会社であるHoi An South Developmentがベトナム政府よりカジノ・オペレーティング・ライセンスを取得したと発表。
ライセンス期間は、2080年12月10日まで(延長、更新を含む)。

ベトナム政府は、一定条件をクリアしたIRにおいて、パイロットとして内国人の入場を可能とする方針。Hoiana Projectは、その対象とはならない見通し。

パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

なお、Suncity Groupは、北部クアンニン省Van Don Economic Zone計画に対するカジノ・マネジメントメント・サービス提供契約を締結済み。

Hoiana Projectの概要
・外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)
・全体開発:投資額40億ドル, 開発期間15-20年
・周辺開発まで含めて1,000haが対象
・フェーズⅠ(2021年グランドオープン予定)
 開発投資額6.5億ドル
 ホテル、ショッピング、飲食、ゴルフコース、カジノ(テーブル140台)
・フェーズⅡ
 ラグーン、ウォーターパーク、第二ゴルフコース、エンタテインメント、ビーチリゾート追加
・周辺開発には、住民向け学校やスポーツスタジアムなど
・現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者
 Suncity Group Holdings Ltd(マカオ、ジャンケット)=34%
 VinaCapital(ベトナム、投資・不動産業)
 VMS Investment Group(香港、投資業)

 

Suncity Group 比子会社の主業を観光に。3億ドルIR計画推進~和歌山RFPに業容転換

6月19日、Suncity Group Holdingsは、香港証券市場に、6月17日付でフィリピン子会社Suntrust Home Developersが、同国の証券取引委員会より、定款変更を承認されたと発表。

定款変更後、Suntrust Home Developersのプライマリーのビジネスは、観光関連業となる(従前は、不動産業)。

2019年10月28日、Suncity Group Holdingsは、フィリピンの国際IR計画Westside City Resorts Worldの共同開発に関する合意を発表。
同時に、そのスキームとして、Suntrust Home Developersの株式51%の取得を発表。取得対価は、PHP1.1 billion(約23億円)。

2020年1月8日、Suncity Group Holdingsは、Suntrust Home Developersの増資に対応。Suntrust Home Developersの増資額は、50億フィリピンペソ(約110億円)。Suncity Group Holdingsは、新規発行分の51%相当を引き受けた(増資後も株式所有率は不変)。

Westside City Resorts Worldは、エンタテイメントシティの4つのIR計画の一つ。Travellers International Hotel Group(Alliance Global GroupとGenting Hong Kongの合弁。Resorts World Manila- Newport City-を運営)のマニラ首都圏における二つめのIR計画。

2019年10月28日に発表された合意内容は、
・Travellers International Hotel Groupが、Suntrust Home Developersに、Westside City Resorts World内の一部用地をリース
・Suntrust Home Developersは、リースされる用地にメインホテルカジノを開発・運営
・Suncity Group HoldingsがSuntrust Home Developersを子会社化(株式51%取得), 第二位株主はMegaworld(株式34%取得)
・メインカジノホテルの施設計画概要は以下の通り
– 5スターホテル。400室以上, スタンダードルーム平均面積34㎡以上
– カジノフロアは、おおむね400テーブル、1200スロット
– 駐車場960台
– 総開発費は3億米ドル以上(330億円以上)

Suncity Group Summit Ascent(ロシアIR)を子会社化へ~和歌山RFPにIR事業者に変身

6月2日、Suncity Group Holdings(香港上場)は、Summit Ascent(香港上場)の新規株式引受計画を発表。

現在、Suncity Group Holdingsは、Summit Ascent株式の24.74%を所有。
今回の取引を通じ、Suncity Group Holdingsは、最大で、Summit Ascent株式の69.78%を所有へ。最大の取得価額計は約174億円。

Summit Ascentは、ロシアウラジオストクのIR施設The TIGRE DE CRISTALの運営会社の株式60%を所有する。

Suncity Group Holdingsは、今回の取引でSummit Ascent、つれて、IR施設運営会社を連結子会社とすることになる。

Suncity Group Holdingsは、各地のIR投資を進めているが、これまで、IR施設運営会社を子会社に持たなかった。今回の取引により、Suncity Group Holdingsは、自らをIR事業者に変身させることになる。

Suncity Group 比開発会社のCB153億円を引受へ~開発者への転換狙う。和歌山RFP参画

5月29日、Suncity Group Holdings(香港上場)は、フィリピン子会社Suntrust Home Developers(フィリピン上場)の転換社債の引き受け合意を発表。
転換社債の取得予定額は、PHP7.3 billion(約153億円)。

現在(今回の引受前)、Suncity Group Holdingsは、Suntrust Home Developersの株式51%を所有。今回引受分の転換社債の転換後には、株式所有は74.42%に増加する予定。

2019年10月28日、Suncity Group Holdingsは、フィリピンの国際IR計画Westside City Resorts Worldの共同開発に関する合意を発表。
同時に、そのスキームとして、Suntrust Home Developersの株式51%の取得を発表。取得対価は、PHP1.1 billion(約23億円)。

2020年1月8日、Suncity Group Holdingsは、Suntrust Home Developersの増資に対応。Suntrust Home Developersの増資額は、50億フィリピンペソ(約110億円)。Suncity Group Holdingsは、新規発行分の51%相当を引き受けた(増資後も株式所有率は不変)。

Westside City Resorts Worldは、エンタテイメントシティの4つのIR計画の一つ。Travellers International Hotel Group(Alliance Global GroupとGenting Hong Kongの合弁。Resorts World Manila- Newport City-を運営)のマニラ首都圏における二つめのIR計画。

2019年10月28日に発表された合意内容は、
・Travellers International Hotel Groupが、Suntrust Home Developersに、Westside City Resorts World内の一部用地をリース
・Suntrust Home Developersは、リースされる用地にメインホテルカジノを開発・運営
・Suncity Group HoldingsがSuntrust Home Developersを子会社化(株式51%取得), 第二位株主はMegaworld(株式34%取得)
・メインカジノホテルの施設計画概要は以下の通り
– 5スターホテル。400室以上, スタンダードルーム平均面積34㎡以上
– カジノフロアは、おおむね400テーブル、1200スロット
– 駐車場960台
– 総開発費は3億米ドル以上(330億円以上)

Suncity Group ベトナムIR計画-34%出資-カジノ免許取得~同社初IR開発。和歌山RFP参加

5月15日、Suncity Group Holdingsは、関連会社であるHoi An South Developmentがベトナム政府よりカジノ・オペレーティング・ライセンスを取得したと発表。

Suncity Group Holdingsは、Hoi An South Developmentの株式の34%を所有する。
Hoi An South Developmentは、ベトナム・クアンナム省におけるカジノを含む統合型リゾート(IR)であるホイアナ・プロジェクトの開発を推進。

ライセンス期間は、2080年12月10日まで(延長、更新を含む)。

ホイアナ・プロジェクト(フェーズⅠ)は、カジノ(テーブル, ゲーミングマシン含む)、ホテル1,000室以上、ゴルフコース(18ホール)、飲食などを含む。投資額は、6.5億ドル。開業予定は、2021年。

Suncity Group Holdingsは、各地のIR投資を進めており、将来にはオペレーターへの転換を狙う。ホイアナ・プロジェクトは、Suncity Groupにとって初めてのIR開発計画である。

Suncity Group フィリピン子会社増資完了 Westside City Resorts World内3億ドル開発

1月8日、Suncity Group Holdings(香港上場)は、フィリピン子会社Suntrust Home Developersの増資を完了。

Suncity Group Holdings(香港上場)は、増資前段階でSuntrust Home Developersの株式51%を保有しており、今回の増資において新規発行分の51%相当を引き受けた。

今回のSuntrust Home Developersの増資による調達額は、50億フィリピンペソ(約110億円)。

2019年10月28日、Suncity Group Holdingsは、フィリピンの国際IR計画Westside City Resorts Worldの共同開発に関する合意を発表。
同時に、そのスキームとして、Suntrust Home Developersの株式51%を取得を発表。

Westside City Resorts Worldは、エンタテイメントシティの4つのIR計画の一つであり、Travellers International Hotel Group(Alliance Global GroupとGenting Hong Kongの合弁。Resorts World Manilaを運営)の計画。

2019年10月28日に発表された合意内容は、
・Travellers International Hotel Groupが、Suntrust Home Developersに、Westside City Resorts World内の一部用地をリース
・Suntrust Home Developersは、リースされる用地にメインホテルカジノを開発・運営
・Suncity Group HoldingsがSuntrust Home Developersを子会社化(株式51%取得), 第二位株主はMegaworld(株式34%取得)
・メインカジノホテルの施設計画概要は以下の通り
– 5スターホテル。400室以上, スタンダードルーム平均面積34㎡以上
– カジノフロアは、おおむね400テーブル、1200スロット
– 駐車場960台
– 総開発費は3億米ドル以上(330億円以上)

Suncity Group(上場会社) ロシア 同地初IRのTigre de Cristal親会社の株式24.68%取得

4月23日、Suncity Group Holdings(香港上場)は、Summit Ascent Holdings(香港上場)の株式24.68%を取得することで合意したと発表。
取得対価は、7.18億香港ドル(約100億円)。取得先は、台湾の投資家。
Suncity Group Holdingsは、取得資金を、同社取締役会議長であるAlvin Chau氏による貸し付けにより確保する。

Suncity Group Holdingsは、2017年末にSummit Ascent Holdingsの株式3.29%分を取得済みで、今回の取得により計27.97%を所有することになる(*)。

(*)2019年6月30日時点、Suncity Group Holdingは、Summit Ascent Holdings株式29.68%を所有

Summit Ascent Holdingsは、ロシア・ウラジオストクにおける最初のIRであるTigre de Cristalの運営会社G1 Entertainmentの親会社(株式60%所有)。
なお、Summit Ascent Holdingsの事業は、Tigre de Cristalのみ。

以前、Melco Resorts & EntertainmentのCEOであるローレンス・ホー氏がSummit Ascent Holdingsの最大株主(2017年6月まで、27.71%を所有)であった。
2017年12月までに、ローレンス・ホー氏は、Summit Ascent Holdingsの全株を売却した。

TIGRE DE CRISTALの概要:
・最終投資額は約7億米ドル
・第1期の投資額は1億7,200万米ドル、ホテル121室、テーブル65台(VIP25台、マス40台)、スロット約800台。フル稼働時1,100人雇用
・第2期はレビュー中であり、コンセプトデザインを検討中。2022年開業を目標。ゲーミング施設は第1期と同等、ホテルは240室以上

TIGRE DE CRISTAL 2018年度(1-12月)業績:
・売上高HK$463mn,YoY2%減, 調整後EBITDA HK$181mn,YoY4%, 株主帰属当期利益HK$8mn,YoY45%減
・毎日1,000人ほどが訪問
・訪問者数の7割はロシア人、3割は外国人(主に中国、韓国)。売上高の8割は外国人

 

ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

2018年4月20日、ロイターが、ベトナムのHoiana Projectの現地状況をレポート。2019年の第1期開業に向けて、建設作業が進展中。
開発投資額は、第1期が6.5億ドル、全体が40億ドル。

現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者は、Suncity Group Holdings(マカオ、ジャンケット)、ベトナム現地の投資・不動産業者VinaCapital、香港の投資業者VMS Investment Groupである。

Suncity Group Holdingsがリード役。Suncity Group Holdingsにとって、Hoiana Projectは、初のカジノ、IR開発計画となる。

Suncity Group Holdingsは、マカオにおける、カジノ・コンセッション満期(6社。それぞれ2020年、2022年に満期)後の新規参入を狙っている。ベトナムの大型実績を、その足がかりとしたい考え。なお、現在のところ、マカオ政府は、カジノ・コンセッション満期後の方針を決めていない。

なお、ベトナム政府は、一定条件をクリアしたIRにおいて、パイロットとして内国人の入場を可能とする方針。
Hoiana Projectは、その対象とはならない見通し。

パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

なお、Suncity Groupは、北部クアンニン省Van Don Economic Zone計画に対するカジノ・マネジメントメント・サービス提供契約を締結済み。

Hoiana Projectの概要
・外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)
・全体開発:投資額40億ドル、開発期間15-20年
・周辺開発まで含めて1,000haが対象
・第1期(2019年開業予定)
 開発投資額6.5億ドル
 ホテル、ショッピング、飲食、ゴルフコース、カジノ(テーブル140台)
 周大福の関連企業がホテル1,176室、ヴィラ100棟
・第2期(2023年までに開業予定)
 ラグーン、ウォーターパーク、第二ゴルフコース、エンタテインメント、ビーチリゾート追加
・周辺開発には、住民向け学校やスポーツスタジアムなど
・現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者
 Suncity Group Holdings Ltd(マカオ、ジャンケット)=34%
 VinaCapital(ベトナム、投資・不動産業)
 VMS Investment Group(香港、投資業)

 

Suncity Group 日本における営業活動

Suncity Group セーリングチーム支援,誘致。県IR構想踏まえ~県,21年1月頃に業者選定

・10月8日、Suncity Groupは、セーリング日本チーム「Japan SailGP Team」とユースアカデミー・オフィシャルパートナー契約を締結
・若手育成の強化アカデミー「Japan SailGP Team U20フォイリング ・ キャンプ in 和歌山 by サンシティグループ」開催に協賛。イベントをIR候補地である和歌山マリーナシティに誘致
・和歌山県は、IR基本構想にてマリンスポーツを強調しており、今回の契約はそれを踏まえたアクション
・Suncity Groupは、9月1日に和歌山のスポーツ活動を応援する「WAKAYAMA ACTIVATION PROGRAM」を開始。今回はその第二弾の位置づけ
・海外IR事業者のポピュラーなターゲットエリアにおける認知度向上策は、イベント、文化、社会貢献などへの協賛

<海外IR事業者によるターゲットエリアの地元スポーツチームおよび開催イベントへの協賛の実績>
海外企業:Melco Resorts 楽天オープン(有明)協賛, スポーツ貢献PR。11月,横浜事務所
海外企業:Melco 横浜マリノスとパートナー契約~ホー会長「地域コミュニティの一員に」
海外企業:Galaxy Entertainment EUROJAPAN CUP冠スポンサーで横浜にPR~7月15,27日
海外企業:MGM Resorts ボクシング村田選手の世界戦@大阪のスポンサーに~3戦連続
海外企業:Caesars Entertainment Japan ホッケー”ひがし北海道クレインズ”協賛~地元貢献
海外企業:MGM Resorts MLB開幕戦協賛 CEO来日記者PR「大阪第一」エリア絞込先駆け
IR企業動向:ハードロックJ C札幌の11社目OTパートナー。北海道社会にPR

<和歌山県RFPのスケジュール>
– 3月30日にRFPを開始。参加資格審査書類の提出期限を4月30日とした
– 5月14日:応募企業又は代表企業の参加資格審査結果の通知, 公表
– 6月頃:競争的対話の開始予定時期
– 9月25日:競争的対話の終了予定日
– 10月19日:コンソーシアム構成員の参加資格審査書類の提出期限, 提案審査書類提出期限
– 11月頃:コンソーシアム構成員の参加資格審査結果の通知
– 2021年1月頃:優先権者の選定

<和歌山県RFPに参加中 2者>
・クレアベストニームベンチャーズ(株):クレアベスト・グループは、カナダをベースとする未公開株投資会社。投資対象にIR含む
・サンシティグループホールディングスジャパン(株):マカオをベースとするジャンケット,IR投資,観光グループ
・これにより、県が選定するIR事業者は、2者のうち1者、あるいは、2者のうち1者を代表企業とするコンソーシアム

カジノIRジャパン:和歌山県の動き

Suncity Group 和歌山事務所 10日にプレオープンへ~和歌山IR2.0の推進拠点。県RFP,21年1月頃に業者選定

・9月10日、Suncity Groupは、和歌山事務所をプレオープンへ。9日には、メディア向けに内覧会を開催
・事務所は、南海電鉄・和歌山大学前(ふじと台)駅に直結
・面積は、464㎡で、事務スペース110㎡, コミュニティ・オープンスペース(一般者が利用可能) 354.03㎡
・事務所を拠点とする今後の活動
– 和歌山県RFP対応, 和歌山県の活性化施策, 同社が考える「和歌山IR2.0」の理解促進(コンセプトムービーや施設模型を公開), コミュニティスペースを活用した各種イベント(依存症対策セミナー、若手経営者や大学生などを対象とした和歌山活性化アイデアソン、語学やプログラミンなど教育など)
・和歌山県は、RFPプロセス中。2021年1月頃に事業者選定予定。

<サンシティグループ 和歌山事務所 概要>
・住所:和歌山県和歌山市中573-19 ふじと台ステーションビルエスタシオン東棟1階
・電話番号 TEL:073-499-8011 / FAX:073-456-1200
・営業時間 平日:11:00~16:00(コロナウイルス感染拡大防止の観点により、当面は短縮営業)
・休業日:土日祝・年末年始等
・専有面積:464.4㎡(うちオープンスペース354.03㎡)

Suncity Group 和歌山トライアンズにスポンサー契約~WAKAYAMA ACTIVATION PROGRAM第一弾

・9月4日、Suncity Groupは、和歌山市を本拠地とするバスケットボールクラブ「和歌山トライアンズ」とのオフィシャルスポンサー契約結を発表
・Suncity Groupは、9月1日和歌山のスポーツ活動を応援する「WAKAYAMA ACTIVATION PROGRAM」を開始しており、今回はその第一弾の位置づけ
・「和歌山トライアンズ」は、県初のプロバスケットボールチームとして2013年に発足し、2016年からは社会人クラブとして活動
・海外IR事業者のポピュラーなターゲットエリアにおける認知度向上策は、イベント、文化、社会貢献などへの協賛

Suncity Group 和歌山IR計画 客室2,600室, 投資予算4000~5000億円を維持~19日リリース

・6月19日、Suncity Groupは、プレスリリース”世界初。サンシティグループ最高経営責任者及び取締役・アルヴィン・チャウが考えていた「IR2.0」”を公開
・前回の和歌山県への取り組みに関するリリース(4月3日)からの追加情報は以下の通り
「和歌山県政府が発表された事業者公募における参加資格審査結果により、2社の審査通過者のうちの1社として、IR2.0のコンセプトで日本にて統合型リゾートを全力的に展開していくという事業企画を取り組んでおります」
「(和歌山県IR計画は、)2600室の客室の持つヴィラ、レストラン、スカイラウンジ、温泉とスパ、充実された展示会場、屋内スポーツ施設、沿岸の町や観光名所と結ばれているボートツアーを提供する統合型リゾートで展開していくという壮大な企画です」
「(和歌山県IR計画に関して、)国際的に高く評価されているAEDAS建築設計事務所にすでに委託し、昨年10月にこのIR事業企画のみで独自の予算額だと300億香港ドル~350億香港ドル(4200億円~4900億円に相当する)発表されていました」
「サンシティグループは、和歌山県IRが年間約500億円の税収を生み出し、建設業と事業運営を通して最大2万人を雇う見込みです。サンシティグループは、地元の中小企業と協力して資源を調達することを約束し、完備された高級会員制により、日本の観光産業が依存する東アジアの旅行者からの訪問を増やすことができる見込みです」

和歌山県,RFP申請2者を資格審査通過~Suncity,Clairvestの二択

・5月14日、和歌山県は、IR事業者公募選定(Request-For-Proposal)の参加資格審査結果を公表
・県は、資格審査書類提出者2者が審査を通過させた。2者の概要は以下の通り
– クレアベストニームベンチャーズ(株):クレアベスト・グループは、カナダをベースとする未公開株投資会社。投資対象にIR含む
– サンシティグループホールディングスジャパン(株):マカオをベースとするジャンケット,IR投資,観光グループ
・これにより、県が選定するIR事業者は、2者のうち1者、あるいは、2者のうち1社を代表企業とするコンソーシアム
・直前まで、和歌山県RFPに関心を示していたバリエール(フランス)、ブルームベリー(フィリピン)は申請を見送り。新型肺炎(COVID-19)の影響が大きかったと推測される

Suncity 和歌山県RFP「パートナー未定。協議はオープン」~県, 5月中旬に資格審査発表予定

・5月6日、Suncity Group(ジャンケット事業, 未上場部分)の広報部門は、和歌山県RFP申請について、海外メディアの質問に回答
・コンソーシアム・パートナに関して「現状では未定。協議にはオープン」とした
・和歌山県RFPには、同社、クレアベストニームベンチャーズが申請書類を提出。両者ともIR事業主体への投資業者
・和歌山県は、5月中旬に、RFP申請書類提出2者の資格審査結果を公表へ

Suncity Group「和歌山県に特化, 投資額4000~5000億円」@IRゲーミングEXPO大阪

・10月25日、サンシティ・グループのアルビン・チャウ(ALVIN CHAU)会長が記者ブリーフィングを実施
・日本参入方針に関する発言のポイントは以下の通り
「和歌山県に特化」
「投資額は正式には未定。4000億円から5000億円のレンジ」
「現時点では、日本企業との協業はない。相談中」
「強みは、観光、エンターテインメント(映画、コンサートなど)」
「日本独自の、日本の特色を活かした和歌山IR2.0を開発する」
・Suncity Groupは、海外では二つのIR計画に参画
– ベトナム・ダナンHOIANA(2020年4月開業予定)
– ロシア・ウラジオストックTigre de Cristal(2015年11月開業)

日本法人設立 HP公開 和歌山県への特化方針を明示

・8月27日、サンシティ・グループ・ホールディングス・ジャパン株式会社は、日本向けHP、和歌山県IRコンセプトムービーなど公開
サンシティ グループ ホールディングス ジャパン株式会社 HP(2019年8月27日公開)
サンシティ グループ ホールディングス ジャパン株式会社 8月26日 和歌山IRシンポジウム 施設コンセプトムービー(2019年8月27日公開)
・HPでは、和歌山県に特化する方針を明示
「和歌山県の資産を最大限に生かした国際観光都市の開発を、統合型リゾート施設を中心に推進していきます」
・8月26日、サンシティグループ(香港)は、和歌山県主催のIRシンポジウムに登壇。日本のイベント初登場
・サンシティ・グループは、和歌山県用にパースと動画を披露。アルビン・チャウ(ALVIN CHAU)会長がビデオレターで和歌山県への意欲をアピール
誘致レース(739)和歌山県=県IRシンポジウム~Barriere,Bloomberryに加えSuncity初登場

カジノIRジャパン関連記事:
・Suncity Group Holdings 業績
マカオ:Suncity Group(上場部分)20年度1H 当期損失19億円,債務超過~和歌山RFP参加中
マカオ:Suncity Group(上場部分)19年度 当期損失223億円,債務超過~和歌山県IRに意欲
Suncity Group(上場会社) 2018年度売上高123億円, 損失226億円~国際IR開発運営を視野
・Suncity Group Holdings 和歌山県
海外企業:Suncity Group セーリングチーム支援,誘致。県IR構想踏まえ~県,21年1月頃に業者選定
海外企業:Suncity Group 和歌山事務所 9月10日プレオープン~県RFP,21年1月頃に業者選定
海外企業:Suncity Group 和歌山トライアンズにスポンサー契約~県ACTIVATION第一弾
海外企業:Suncity 和歌山IR計画 客室2,600室, 投資予算4000~5000億円を維持~19日リリース
海外企業:Suncity 和歌山RFP「パートナー未定。オープン」~県,5月中旬に資格審査結果
海外企業:Suncity 会長「一緒に和歌山を世界のIR2.0の聖地に」県RFP開始後,参加アピール
海外企業:Suncity「和歌山県に特化, 投資額4000~5000億円」@IRゲーミングEXPO大阪
海外企業:Suncity Holdings 日本法人設立 HP公開 和歌山県への特化方針を明示
誘致レース(739)和歌山県=県IRシンポジウム~Barriere,Bloomberryに加えSuncity初登場
・Suncity Group Holdings 海外事業
Suncity Group Summit Ascent(露)業績警告。子会社化実行~和歌山RFPにIR事業者化
Suncity Group フィリピンIR共同開発の追加合意発表。二つめのIR子会社~和歌山RFP参画中
Suncity Group Alvin Chau氏, 悪意ある噂を否定。適法, 財務安定性を強調~和歌山RFPに参画中
Suncity Group ベトナム・ホイアナIR 6月28日にプレビュー開業~和歌山RFPに業容転換
Suncity Group 比子会社の主業を観光に。3億ドルIR計画推進~和歌山RFPに業容転換
Suncity Group Summit Ascent(ロシアIR)を子会社化へ~和歌山RFPにIR事業者に変身
Suncity Group 比開発会社のCB153億円を引受へ~開発者への転換狙う。和歌山RFP参画
Suncity Group ベトナムIR計画-34%出資-カジノ免許取得~同社初IR開発。和歌山RFP参加
Suncity Group フィリピン子会社増資完了 Westside City Resorts World内3億ドル開発
Suncity フィリピン Westside City Resorts World内カジノホテル計画発表。3億米ドル以上
Suncity Group(上場会社) ロシア 同地初IRのTigre de Cristal親会社の株式24.68%取得
ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.