カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





スリランカ:Crown Resortsが$400mnのカジノを含む統合型リゾート(IR)計画を破棄

2015-02-01

【海外ニュース】

スリランカは2009年に内戦が終結し、経済成長期にある。2010年11月にはギャンブルが合法化された。現在、4つの小型のカジノが運営されている。

前政権(Mahinda Rajapaksa大統領)は3つの大型のカジノを含む統合型リゾート(IR)設置を認可したが、2015年1月に発足した現政権(Maithripala Sirisena大統領)がそれを取り消した。
事業者は、Lake Leisure Holdings(現地カジノ資本とオーストラリアのCrown Resorts)、Queensbury Leisure、そしてJohn Keells Holdingsであった。

この結果、オーストラリアのCrown ResortsはスリランカにおけるUS$400mn(約500億円)のカジノを含む統合型リゾート(IR)計画から撤退した。

現政権が大型IR設置を取り消した背景は、仏教界のリーダーなどの反対など。

該当記事:
Australia’s Crown Resorts drops Sri Lanka $400 million casino plan
記事へのリンク

REUTERS

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.