カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:テーブル割当、ライセンス満期を巡り、事業者がアピールを競う

2015-02-09

【海外ニュース】

マカオライセンス6社-画像
ポイント:
1)マカオのライセンスは6社が保有。ライセンスの満期は2020年、2022年に到来する
(図表は「カジノジャパン29号」より転載)。
2)2015年より、政府は満期後のライセンス方針を検討開始。既存事業者の継続可否、新規事業者参入が焦点。
3)マカオ政府はゲーミングテーブル数の割当権を持つ。2013年より、ノンゲーミング要素への投資規模を重視。
4)各事業者は当局へのアピールを競っている、ノンゲーミング投資や経済貢献について。
5)マカオ当局はカジノ税制の変更の可能性も示唆。
6)習近平体制のAti-Corruption政策の下、カジノ市場は1月は前年比17%減となった。2月は同35%減となる可能性。

・マカオの現状と見通し、6社の情報について、詳しくは以下を参照ください。
カジノジャパン 話題記事一挙公開
・とくに、本記事との関連性が高い内容。
マカオは進化する(3)
マカオは進化する(4) – 過去最高・年間カジノ収入の内容(2013年)
マカオは進化する(5) – 過去最高・年間カジノ収入の内容(2013年)

カジノIRジャパン

<該当記事>

In Macau, casino titans join China reform wagon
記事へのリンク

REUTERS

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.