カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





九州日本香港協会がマカオのホスピタリティをテーマにシンポジウムを開催

2015-02-14

【国内ニュース】

九州日本香港協会は今月25日、福岡市内でマカオの歴史、観光、ホスピタリティをテーマに春節シンポジウムを開催する。

基調講演では香港中華総商会から名誉会長のジョナサン・チョイ氏、マカオ大学工商学院からジャッキー・ソー院長、同ホスピタリティ&ゲーミング学科からグレン・マッカートニー教授らを招き、このうちマッカートニー教授はマカオでのホスピタリティについてスポットを当てる。講演後には九州日本香港協会会長を務めるJR九州の石原進相談役らも加わり、パネルディスカッションが行われる。石原氏はIR推進協議会設立準備委員会の発起人のひとり。

九州日本香港協会は香港の交流を目的1991年に福岡日本香港協会として設立された民間の団体で、2009年に九州日本香港協会に名称を変更。会員には香港と九州双方で関係のある企業や香港駐在経験者などが参加している。日本と香港の交流や情報交換などを主な目的として、講演会や各種セミナー、視察などを行う。日本香港協会は九州だけでなく全国各地に10の協会を持ち、全国連合会が設置されている。連合会の前会長は沖縄県商工会議所連合会の国場幸一会長が務め、同氏は沖縄日本香港協会の会長を務めているほか、IR推進協議会設立準備委員会にも発起人として名を連ねている。

シンポジウム開催後にはパーティーも予定されている。(佐藤)

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.