カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





Round 11 カジノを日本に? 庄司vs.論説委員 前編(朝日新聞DIGITAL)

2015-02-23

【国内ニュース】

吉本興業所属の芸人の庄司智春氏がフィーチャーされる「庄説」において「カジノ」が取り上げられた。

庄司氏が賛成、論説委員が反対の立場。賛成の根拠は、統合型リゾートしての観光、文化発信、カジノの自己責任など。反対の根拠は、依存症、既存ギャンブル市場の大きさ、など。

議論の展開はフェアーな印象を受けるものの、依存症、既存ギャンブル市場について引用されるデータは、典型的なミスリーディングなもの。すなわち、依存症については、2014年の厚生労働省の調査(ギャンブル依存症の疑いがある人が推計で536万人との結論)であり、既存ギャンブル市場については20兆円以上(公営競技を投票権、パチンコ市場を貸し玉の売り上げベースで合算)であった。

言うまでもなく、依存症についての上記調査結果は、SOGSやDSMなど国際標準の医学的測定手段を正しく用いられた結果ではない。また、既存ギャンブル市場は市場規模の指標となるグロスゲーミングレベニュー(運営者の勝ち分)ではない。

国際標準かつ公平なデータ、議論の環境を整備し、広報することの重要性が改めて感じさせられる。

カジノIRジャパン

該当記事

特集・オピニオン>庄説>Round 11 カジノを日本に? 庄司vs.論説委員 前編
記事へのリンク

朝日新聞DIGITAL

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.