カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





プロジェクト仕事人:元マリーナ ベイ サンズ・ピットマネージャー 作原典行(5)

2015-02-23

【カジノジャパン】

作原氏-画像

これからの夢は「日本独自のカジノを目指す」

カジノスクールー画像
「いまのポジションはなったばかりだし、僕がこれからどうするかまだ分かりません。いまは仕事をこなすのに精いっぱいで、次のポジションの魅力もよく分からないのが正直なところですね」。

昇格によって、岐路に立つ格好になった作原。だが彼はこれまでと同様、将来への夢に燃えている。「こういうポジションまで来てカジノの運営を実際に体験できたからこそ、日本でカジノができた時にどうすればいいかというのが分かる部分がある。それを僕たちの次の世代のために役立てたい、というのが夢ですね」。

彼が思い描くのは海外のコピーでなく、日本独自のカジノ。日本人の強みを生かしつつ、同時に日本人が働きやすいカジノだ。

「海外生活してこそよく分かりますが、日本人はやっぱり細かいことによく気がつきますよね(笑)。海外にない日本のよさを出せる部分は、たくさんあると思います。また若い日本人が本物のVIPのお客さんを相手にする時のプレッシャーがどんなものか、恐らく分かっている人は少ないでしょう。普通の日本人にとってそんなVIPの世界は全く未知ですから。そのプレッシャーへのケアも、やはり日本独自の形でなくてはいけないはずです」。

30という節目の年にカジノの世界に飛び込み、すでに海外での実務経験が8年。今年6月には40歳の大台を迎える。「とりあえず、いまは僕の背中を見ている後輩たちに、『英語ができなくても、がんばればカジノで人の上に立てるんだ』というメッセージを伝えたい。そして僕が培ってきた財産で、将来日本にカジノができる時の手助けがしたい。この夢に向かっていま燃えているんです」

カジノジャパン27号(2013年6月30日発行)から転載

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.