カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:26日にネバダ州が五輪をスポーツ賭博の対象に。スポーツ賭博拡大の機運

2015-02-27

【海外ニュース】

26日、ネバダ州のゲーミングコミッションは五輪を対象としたスポーツベッティングを了承した。これにより、2016年8月にリオデジャネイロで開催される五輪がベッティングの対象となる。ネバダ州の総賭博市場(2014年)はUS$11bnであったが、うちスポーツ賭博はUS$227mn、構成比2%ほど。

一方、現在のところ、米国ではスポーツベッティングはネバダなど限定された州のみで許可されている。全米においてスポーツ賭博を求める機運が出ている。とくに、スポーツ団体からの要望が多いようだ。
背景は、
1)1990年以降、大半の州がカジノを合法化し、増設した結果、カジノ市場が飽和、過当競争の傾向となった。ここにきて、新しい未開拓領域を求めている。
2)米国ではファンタジースポーツの市場規模がUS$5bnほどに拡大。これは、スポーツ賭博に類似した性質がある。この人気ぶり、そして、スポーツの人気維持への貢献を見て、スポーツ賭博への期待が高まった。
など。

(*)
米国ではスポーツ賭博は1992年に4つの州に限定された経緯があり、実質的にネバダ州のみが大規模な商業ベースで展開している。1992年の”The Professional and Amateur Sports Protection Act”(PASPA)が規定。同法はスポーツ賭博を原則禁止とし、1976年から1990年の間に提供された実績があるスポーツ賭博のみを例外として認めた。

カジノIRジャパン

該当記事

Olympic Odds Posted in Nevada as Wagering Approved by Commission
記事へのリンク

Bloomberg

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.