カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マレーシア:Genting Malaysiaの2014年度決算。当期利益はYoY28%減。本国、米国が減益

2015-03-01

【海外ニュース】

Genting Malaysiaは、マレーシアのResorts World Genting(RWG)、英国の多数の小型カジノ群、米国&バハマのResorts World Casino New York City(RWNYC)とResorts World Bimini(Bimini)、を所有する。
2014年通期(1-12月)の業績(1RMを33円で換算)は、売上高は2,715億円、調整後EBITDAは741億円、当期利益は376億円。
進行中の主な開発案件は、英国の初のカジノを含む統合型リゾート(IR)のResorts World Birmingham (“RWB”)であり、2015年下期に開業予定。

なお、Resorts World Sentosa(RWS)を所有するGenting Singaporeは兄弟会社である。Genting Singaporeの2014年通期業績(1シンガポールドルを95円で換算)は、売上高2,700億円、調整後EBIDTAは1,100億円、当期利益600億円であった。

2014年(1-12月)実績:1RMは約33円
・売上高はRM8,229mn、YoY1%増。調整後EBITDAはRM2,247mn、同7%減。当期利益はRM1,140mn、同28%減。
・セグメント別の売上高、調整後EBITDAは以下の通り。
・マレーシアの売上高はRM5,362mn、YoY6%減、調整後EBITDAはRM1,860mn、同6%減。
・英国の売上高はRM1,700mn、YoY7%増、調整後EBITDAはRM252mn、同9%増。
・米国&バハマは売上高はRM1,000mn、YoY6%増、調整後EBITDAはRM25mn、同87%減。

4Q(10-12月)実績:1RMは約33円
・売上高はRM2,057mn、YoY3%減。調整後EBITDAはRM605mn、同4%増。当期利益はRM293mn、同25%減。

カジノIRジャパン関連記事:
シンガポール:Genting Singaporeの4Q決算。年後半にVIPが苦戦。マスは伸長

 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.