カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





パチンコパチスロイノベーションフェア2015(17日):IR法制化の動きがPS業界の変革を強く促す展開

2015-03-17

【国内ニュース】

3月17日と18日に綜合ユニコム社が「パチンコパチスロイノベーションフェア2015」を開催。場所は東京ビックサイト。展示会場、シンポジウム、セミナーと多様なプログラムが提供されている。

17日のシンポジウムは「新しいパチンコ・パチスロへ。新しい産業像と存在価値」、「毎日パチンコをしている人は依存症ですか?パチンコ産業の依存問題への取組み」、「市場衰退期におけるフォーマット改革と人材確保難時代の業態改革」であった。
シンポジウムには500名ほどが参加。

パチンコ業界の環境は厳しい。「参加者の減少」が業界の「ヘビーユーザー偏重」と「目先の利益追求」につながり、それが「参加者の減少」につながる悪循環がある。
こうした中、2014年からカジノを含む統合型リゾート(IR)の法制化の流れがパチンコ業界に一段のプレッシャーを与えている。

IR法制化の流れは、否応なしに、パチンコ業界に社会の関心を向けている。それは、パチンコの法制上の位置づけであり、依存症への対応である。とくに、”依存症”は社会的ブームとなっており、マスコミ(紙媒体、テレビとも)がこぞって取り上げるテーマとなった。
こうした中、警察庁も業界に厳しい規制を課さなければならない状況となっている。

3つのシンポジウムを通じて、パチンコ業界がこれまで蓋をしてきた問題に向き合い、社会から認められなければ、将来にさらなる危機が待っているという認識を高めていると感じた。

18日のシンポジウムは「ファン拡大を図る遊技機開発の方向性」、「マーケット縮小と淘汰の時代。勝ち組となるためのビジネスモデルと仕組みづくり」、「女性客で賑わうお店づくりのポイント—女性スタッフの戦力化が集客力を高める」の予定。

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.