カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ユニバーサルエンタテンメントとロイター:それぞれの発表(18日、19日)の対比

2015-03-20

【海外ニュース】

ロイターとユニバーサルエンタテンメント社の攻防が再燃したようだ。

ロイターの19日報道(日本語は20日)
“Exclusive: Japan tax agency, Hong Kong join FBI in reviewing Universal casino payments”
“国税庁がユニバーサルを調査、カジノ計画の資金の流れで=関係筋”

ロイターによれば、日本の税務当局がユニバーサルエンタテンメントによるフィリピンのゲーミング規制当局の職員への$40mnの支払いについて調査を開始した。
同時に香港の独立腐敗対策委員会(ICAC)も上記支払が香港の銀行を経由されており、調査に関心を持っている。
FBIはユニバーサルエンタテンメントの調査を継続中。水曜日にはユニバーサルエンタテンメントが公開文書において、大陪審から召喚されたとことを明らかとしたとのこと。

ユニバーサルエンタテンメントの18日の東京証券取引所への開示
「フィリピン国家捜査局の調査レポートについて」

一方、会社側が18日に東京証券取引所に開示した文書の一部抜粋は以下の通り。
「同国(フィリピン)においては、我が国の捜査機関による捜査終結と同様に、もとより事実無根の本件疑惑に係る当社グループ及びその役職員等に対する政府関係機関による調査ないし捜査等は、事実上終結したことが明らかになりましたので、ここにお知らせ申し上げます。

また、平成26年12月29日付『刑事告訴等の処分結果等について』にてお知らせしたとおり、平成26年12月16日付で、当社取締役会長岡田和生を被疑者として、第三者により東京地方検察庁になされていた外国公務員贈賄での刑事告発については、不起訴処分となっております。

従って、当社は、当社の 100%子会社である Aruze USA Inc.に対する大陪審発令に係る召喚状に基づくアメリカ合衆国司法省による本件疑惑に関連すると推測される捜査についても、本件疑惑において実行行為地ないし結果発生地と解される日本国及びフィリピン共和国両国の捜査機関による上記捜査結果を受けて、公平且つ適正な捜査が行われる限り、もとより根拠を欠くことが再々確認され、捜査が終結するものと考えております。

また、当社は、当社との法的紛争の一方当事者となっているウィン・リゾーツ社に有利な作用をもたらすべく、かかる事実無根の本件疑惑を不当に捏造したロイター社及び朝日新聞社等の偏頗且つ違法な報道活動、及びこれらに加担した当社の退職社員の一部に対して、既に東京地方裁判所等にて係属中の損害賠償等請求訴訟を通じて引き続きその法的責任を厳しく追及していく所存です。」

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ミシシッピ州当局、岡田和生氏のスロットマシン販売免許を条件付で更新
【東証適時開示情報】3/18分 ユニバーサルエンタテンメント(6425)

カジノIRジャパン

ロイター該当記事:
Exclusive: Japan tax agency, Hong Kong join FBI in reviewing Universal casino payments
記事へのリンク
国税庁がユニバーサルを調査、カジノ計画の資金の流れで=関係筋
記事へのリンク

REUTERS


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.