カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ベトナム:Suncity、周大福、現地企業がクアンナム省で$4bnプロジェクトを計画

2015-03-26

【海外ニュース】

REUTERSによれば、マカオのジャンケット大手のSuncity、ベトナムの投資会社VinaCapital、そして周大福(香港を拠点にするコングロマリット。不動産開発、ホテル、カジノ、交通、宝飾品、港湾、通信事業)の3者がチームアップし、クアンナム省で$4bn(約4800億円)相当のカジノを含む統合型リゾートを進める方向とのこと。

現行制度ではベトナムのカジノは外国人専用(自国民は入場できない)。ベトナム政府がカジノへの自国民の入場の是非を再検討する動きはあることは事実だが、現在の事業計画では外国人専用を前提とせざるを得ない。
以前はこの規制ゆえに、外国大手事業者はベトナムへの参入をためらう傾向があった。

そうした中でも上記3者は大規模な投資を進める方向となった。マカオ市場改革の影響は、顧客の流れだけでなく、事業投資の行き先も変え始めたわけだ。

なお、ベトナムでカジノリゾートの認可は8カ所。2013年に第一期が開業したグランド・ホートラム、フーコック島プロジェクト、そしてクアンナム省のプロジェクトともに$4bn(約4800億円)の投資規模である。

東南アジアにおける観光、統合型リゾートの建設の競争が一段と加速。

カジノIRジャパン関連記事:
ベトナム:フーコック島に大型IR計画。自国民入場も検討。東南アジアの競争加速

カジノIRジャパン

該当記事

Macau junket operator, Chow Tai Fook Enterprises plan $4 bln Vietnam casino
記事へのリンク

REUTERS


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.