カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





100年カジノ – その歴史と理念・文化、そして戦略 – カジノ・オーストリア(3)

2015-04-07

【カジノジャパン】

ラスベガスもマカオもその歴史は数十年でしかない。われわれが造ろうとしているカジノは、オリンピックの添え物ではなく、新たな歴史を創り、更なる未来を築くものでなければならない。ヨーロッパの代表的な100年選手カジノは、静かに存在感を示している

カジノオーストリア-画像1

カジノ・オーストリアの企業文化

「大人の社交場」としてのカジノ
賭け事をしに来る場ではなく、夫婦や友人、知人たちと訪れて楽しい夜を過ごす場であるカジノを提供していく。来場客には心地よい環境の中、ゲームとレジャーでエキサイティングな体験をしていってほしい。これがカジノ・オーストリアの基本理念となっている。

ゲームの興奮と、一流レストランのディナーで過ごすゆったりとした時間、そして最上質のエンタテインメントショー。あるいは一流の演奏家たちによるコンサート。
これらが一体となった「大人の社交場」がカジノであり、その魅力を演出することがカジノ事業者の役目である。

カジノ・オーストリアはこうした考え方に基づき、それまでとは一線を画す新しいあり方のカジノをオーストリア、スイス、ベルギーの各地に次々とオープンさせた。それらはいずれも成功を収め、ゲームとレジャーでエキサイティングな体験を提供するというコンセプトは世界中に展開するほかのカジノにも受け継がれていった。

だが設備やアトラクションだけでは、このコンセプトは実現できない。プレーヤーを始めとする訪問者と直接関わりを持つスタッフの質が、より大切な要素となる。フレンドリーで洗練された接客対応、ゲームに関するさまざまな知識や技能が求められる。
カジノ・オーストリアではスタッフに対して、業務に必要となる能力の修得だけでなく、語学やIT、マネジメントに関する課程を含むスタッフ教育プログラムを構築している。

新設したカジノには、経験を積んだスタッフを派遣して重要なポジションに置き、新しいスタッフは彼らから教えを受けながら日々トレーニングを重ねて成長していく。またモチベーションの高いスタッフには、世界各地にあるカジノで経験を積む機会が与えられている。

さらに情報共有や社内教育を行うための組織である「カジノ&ロトアカデミー」を設置。ここには企業内に蓄積された各種ノウハウ、グループや設備の最新動向などが集められ、情報セキュリティやデータの保護、マネーロンダリングの防止に関するノウハウを共有する。また新人スタッフは、このアカデミーが提供するeラーニングのカリキュラムを受講する。
上級スタッフは「ヨーロッパ・ディーラー・チャンピオンシップ」に参加してその技能を競う。2012年には「カジノ・ブレゲンツ」に勤めるスタッフがこの競技会で優勝した。

プレーヤーに対する責任を果たす
セキュリティ対策は、カジノ経営における大きな課題となる。ルール違反や偽造紙幣の使用などの不正行為だけでなく、マネーロンダリングに利用されるおそれも十分にある。すべてのカジノでは、金銭の安全で合法的な取り扱いについて十分な配慮が求められる。

政府関係者や専門家とも協力しながら、レベルの高いセキュリティシステムを構築することもカジノ・オーストリアの重要な任務のひとつである。スタッフは、問題発生の早期発見などについて独自の専門的な訓練を受ける。プレーヤーは、カジノに入場する際に身分証明書の提示が必須条件となっている。

フロア内の監視設備にも十分な投資をする。一例としてテーブルゲーム30台、スロットマシン251台を備えるカジノに125台の監視カメラを設置し、大量の録画データを保存する。
1994年にはCAIの子会社としてカジノ・オーストリア・セキュリティ・テクノロジー(CAST)を設立し、高度な技術による組織的な監視体制を確立した。
2007年にはオンライン監視システムを新たに構築し、多くの犯罪を未然に防止するのに貢献している。これらのセキュリティに関するノウハウはカジノ・オーストリアで活用するだけでなく社外にも提供している。

なおオーストリアでは、カジノを合法化する一方で、その運営に関しては厳しい規制を設けている。たとえば賭博中毒とみなされる人物はカジノに入ることもできない。
カジノは賭博ではなく娯楽であるととらえ、その存在を公に認めることで、問題の発生を未然に防ぐ体制をとる。こうした国のオープンな環境づくりが、カジノの健全な発展を支えているといえる。

世界各地で地域と密接な協力関係を築く
カジノ・オーストリアは「観光とカジノは一体」と定義づけている。カジノがある観光地は観光客の滞在日数が長くなり、夜間の活動も活発になることから、地域の経済に大きく寄与することが期待できる。

とくに、カジノの国際的な展開を手がけるCAIは、外国の文化を理解、尊重し、良好な関係を構築することで成功を収めてきた。それぞれの立地環境、ローカルマーケットのニーズに合わせ、大都市の豪華なグランドカジノから一般観光客向けのカジュアルなゲームスポットまで、その地域ならではのカジノ開発を続けている。

カジノジャパン29号(2014年3月31日発行)から転載


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.