カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





次世代の党 松沢成文幹事長 – 第3回「IRは広域観光のハブに。東京丸ごとテーマパーク構想」

2015-04-10

【インタビュー&特集記事】

松沢代議士-画像1
松沢成文参議院議員は神奈川県知事の時代から、長くカジノを含む統合型リゾート(IR)を研究し、政策を推進してきた。現在は次世代の党の幹事長であり、党としてのIR推進を統括する立場である。特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(IR推進法案)は自民党、維新の党、次世代の党の3党で再提出される方向である。
今回のインタビューでは自身のIRへの関わりから、あるべきIRの姿、そして政策方針までを幅広く語ってもらった。以下5つのテーマに分けて掲載する。「IRは観光を軸にした、街づくり、都市再生」「ラスベガスに衝撃。神奈川県知事時代に研究を開始」「IRは広域観光のハブに。東京丸ごとテーマパーク構想」「IRの収益は十分に社会還元すべき。日本企業の取り組みに期待」「IR推進法案の状況。次世代の党の方針」。

IRは広域観光のハブに。東京丸ごとテーマパーク構想

IRと観光の連動の可能性について教えてください。
インバウンド観光客はまだ一部地域に集中。IRは観光のハブとして広域に送客
私はIRが広域観光の中心地、ハブとしての役割を果たすことに期待しています。日本のインバウンドの観光客が増えたとはいっても、今はまだ都市部や一部の観光地に集中しています。まだまだ、全国津々浦々の観光地にお客さんが波及していません。
政府が掲げるインバウンドの目標を達成するためには、ここを解決することが重要です。

IRは観光の起点となることができます。IRに来たお客さんを近隣、あるいは広域エリアにある観光地に送客するわけですね。
東京を例にとれば、IRに訪れたおお客さんが、一日、秋葉原に行ってみよう、神楽坂に美味しいもの食べに行ってみよう、あるいは、新宿三丁目の飲み屋さん街を訪ねてみようなど、街を回遊するわけです。お買い物だって、秋葉原で安い電気製品を買うとか、銀座で高級ブランドを見て回るとか、いろんな選択肢があります。

さらに、関東広域圏で考えれば、IRに宿泊するお客さんは、例えば、箱根、鎌倉、日光にだって日帰りで観光できます。また、うまくヘリコプターを使えるようになれば、箱根の芦ノ湖畔、富士の裾野まで数十分で行けますね。実際、アメリカではそうやっています。

街ごとテーマパーク。東京丸ごとテーマパーク構想
私は街ごとテーマパークにするような仕組みを考えています。東京で言えば、東京丸ごとテーマパーク構想です。東京はきれいで治安も良いし、地下鉄も正確ですごいなと思わせるけれど、街の中に遊びが足りないのです。面白いなあ、また来たいなあっていう気持ちにさせる要素ですね。
そこが、パリ、ロンドン、ニューヨークとの違いです。森稔さん(故。元 森ビル代表取締役)も「東京は経済だけだ。文化がない都市は魅力がない」とおっしゃってましたね。

私はIRを起点にした回遊型の観光を充実させるために、東京が整備すべきものとして、第一がIR、第二が江戸城天守閣復元、日本橋復元、第三が水を使った観光移動ルートと考えています。

江戸城天守閣、日本橋復元のために活動
松沢代議士-画像(本、天守閣)私は江戸城天守閣、日本橋復元の活動をしています。東京のど真ん中に、歩いて行ける範囲で、東京駅舎復元、江戸城天守閣復元、日本橋復元ができたら、これはもう強力な一日ツアーになります。東京の歴史伝統文化に興味ある人にはすごく魅力的ですね。

江戸城天守閣を復元するには350億円から400億円ぐらい必要となります。私は税金を使わずに、これが可能であると考えています。寄付や入場料を充当するわけです。

実際、大阪城天守閣は戦後にすべて寄付で再興したのです。東京の丸の内の大企業群は、街づくりのためにも積極的に協力するのではないでしょうか?

また、IR、カジノが出来れば、その収益の一部を文化財の保護、再興に回すことも可能だと思います。

水を使った観光移動ルートの整備も重要です。東京はさまざまな場所が水路でつながっているのですよ。陸上移動、水上移動を組み合わせることも可能です。陸上の渋滞を避けることもできますね。

水と陸を連携させるアイデアはシンガポールではすでに実現しています。水陸両用バスを導入して、まず道路で高層ビル街を走り、そして進水して湾の中からマリーナベイサンズを見て、また陸上に戻って下町に入っていくとかね。シンガポールは都市国家ですから、都市全体の観光拠点化を重視していますね。

街の観光小旅行(エクスカージョン)はすごく魅力的に
これら3つが整備できれば、東京はすごく魅力的な観光小旅行を提供できます。例えば、IRを出発点として、船で隅田川から日本橋川に入り、日本橋の魚河岸で休憩し、買い物する。それから、江戸城の堀まで行って、江戸城天守閣を観光する。帰りは陸路で銀座や歌舞伎座に立ち寄り、またIRに戻る。

すごいでしょ。そうすると、東京自身がディズニーランドに行ったような楽しさが生まれる。そうなると、東京に行くこと自体が楽しくなる。

私は神奈川県知事の時にはこれを県でやりたいな、横浜市でやりたいなと思っていました。いまは、神奈川県はもちろん、東京都でもこうした観光、都市開発をやりたいと考えています。

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.