カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国:比Bloomberry 韓国側パートナーと交渉中。新たなIR2枠を巡る動きが活発化

2015-04-16

【海外ニュース】

REUTERSによれば、16日にBloomberry ResortsのCEOのエンリケ・ラゾン氏が、韓国の外国人専用カジノを含む統合型リゾート(IR)に対し、US$1.2bn(約1,400億円)を投資する用意があり、韓国側のパートナーと交渉に入っていることを明らかにしたとのこと。

韓国政府は2015年下期に新たに二つの事業者(プロジェクト)の選定を行う方向。すべてカジノは外国人専用である。

これまでに新たな2つの枠に関心を持つとして名前が挙がった事業者には、Bloomberry Resortsに加え、韓国のGKL、香港の周大福、マカオのギャラクシーエンターテインメント、米国のハードロックインターナショナル、モヒガン・サンなどがある。

16日にはモヒガン・サンとGKLの提携検討が報じられた経緯がある。韓国の追加の二つの枠を巡り、競争が活発しているようだ。

なお、Bloomberry Resortsは1月に仁川空港近くの実尾島の土地を購入、3月に同じく仁川空港の近くの舞衣島の土地21haを購入したと発表した。また、済州島のカジノT.H.E. Hotel & Vegas Casinoを運営するGolden & Luxury社の大半の株式取得を発表済み。

韓国の2014年のカジノ市場は2.76兆ウォン(約3,000億円)、前年比5%増。うち、内国人が入場可能なKangwon Landが1.4兆ウォン(約1,500億円)、前年比10%増、外国人専用の16施設計は1.36兆ウォン(約1,500億円)、ほぼ横ばい(同0.3%増)であった。

世界のカジノ事業者が中国人、そして日本人の市場に着目している。中国人の市場にアクセスする手段は、マカオに加え、ASEAN、韓国、ウラジオストックへの参入など。日本人にアクセスする手段は日本への参入である。

カジノIRジャパン関連記事:
韓国:フィリピンBloomberryが仁川空港近くの土地、済州島カジノ事業者を買収
韓国:米国モヒガン・サン、GKLと組み、仁川空港IRの入札に参加を検討
韓国:2014年のカジノ市場は約3,000億円。今後の大型開発計画群を総括

カジノIRジャパン

該当記事

Philippines’ Bloomberry says plans $1 bln casino deal in South Korea
記事へのリンク

REUTERS


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.