カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





【法案提出直後独占インタビュー】IR議連幹事長 岩屋毅衆議院議員「IRは誘客効果を発揮」

2015-04-28

【インタビュー&特集記事】

IMG_8360国際観光産業振興議員連盟(IR議連)は28日夕方、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案(IR推進法案)を衆議院に提出した。

法案提出直後、IR議連幹事長の岩屋毅衆議院議員はカジノIRジャパンの独占インタビューに対して次のように話した。



――法案提出の意義についてお伺いいたします

これからの日本の成長戦略の柱のひとつは、まぎれもなく観光だと思います。我々も最大限の対策を講じておりますが、残念ながら今後日本の人口は減っていくわけです。一方で企業の海外展開についても国内へ簡単に振り向けることができるかというと、これも法人税減税はじめ特区制度などさまざまな対策を講じていきますが、すぐに効果が出てくるというものではないと思います。

そう考えるとやはり観光産業振興、特にインバウンドとして外国人のお客様にどんどん日本へ来ていただくというのは、まさに成長戦略の大きな柱になっていくと思います。政府は将来的には現在の約1,300万人の外国人旅行客を、これから15年後には3,000万人にしたいという目標を立てているわけですね。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが行われるため、その時は瞬間最大風速も吹くと思いますが、これを持続的、永続的なものにしていかなければいけません。そのためにIRという魅力ある、複合的な観光施設というものを国内に認めていくことによって、日本の観光産業をさらに振興させていこう、これがこの法案の最大の目的なんですね。

IRでは一部としてカジノという施設が含まれることになりますが、これは我々の考えでは全施設面積の3%から5%くらいを想定しております。世界ではいま約130ヶ国で合法化され、各国でしっかりと管理されている仕組みがあるわけです。こういった世界基準の高規格なエンターテイメントを日本に取り入れ、しかも日本独自の特色を生かした施設を作ることができれば、私は日本における観光産業振興として十分に誘客効果を発揮してくれるものと考えています。(取材・写真 佐藤亮平)

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.