カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ニューハンプシャー州 カジノ合法化ならず

2015-04-30

【海外ニュース】

29日に米国ニューイングランド地方のニューハンプシャー州議会がカジノ合法化を問う議決を行ったが、否決された。ニューイングランド地方内、とくにマサチューセッツ州で台頭するカジノ産業との直接的な競合の中、州の歳入への貢献に慎重な見方が多かったようだ。

ニューハンプシャー州にでは過去に何回か、議会がカジノ合法化法案を否決した経緯がある。最近では2013年もカジノ合法化が否決された。

今回のカジノ合法化機運マサチューセッツ州の動きに刺激された格好。推進側はマサチューセッツ州が新設するカジノ、IR群に、ニューハンプシャー州のホテル、料飲産業に関わる税金が$50mn(約60億円)ほど奪われる見通しを提示した。

今回検討された法案は州内に二つのカジノを新設し、一つは投資額が$450mn(約540億円)の大型IR、一つは$125mn(約150億円)の小型施設である。

米国東海岸の大きなカジノ市場を持つ州は、ペンシルベニア州が$3.1bn(コマーシャル11施設)、ニューヨーク州が$3.0bn(コマーシャル9施設、トライバル5施設)、ニュージャージー州が$2.6bn(コマーシャル8施設)、コネチカット州が$1.5bn(トライバル2施設)、メリーランド州が$931mn(コマーシャル3施設)、ロードアイランド州は$610mn(コマーシャル2施設)など(2014年)。
とくに、ニューヨーク州、マサチューセッツ州は経済力に比して、カジノ市場の規模が限定的であり、2020年に向けて、急速に市場開拓が進む方向にある。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ニューハンプシャー州 再びカジノ合法化の機運。マサチューセッツ州に対抗

該当記事

NH Lawmakers Reject Casino Bill By Wide Margin
記事へのリンク

CBS


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.