カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国経済ウォッチ~活性化するアジアのカジノ産業(前)=Net IB NEWS

2015-05-08

【海外ニュース】

九州の情報を中心に配信するNet IB NEWSにおいて、在日20年の韓国人であるビジネスコンサルタントが寄せたコラム。韓国人の視点からポイントがまとめられている。著者が指摘したポイントは以下の通り。

アジアの動向:
1)マカオ、シンガポール、韓国、フィリピン、ベトナム、ロシア、日本などがカジノ産業に力を入れ始めている。
2)世界観光収入の上位10位の国は同時に世界の10大カジノ保有国でもある。
3)アジア各国ではギャンブルの否定的なイメージが強かったが、、その経済効果に魅力を感じてきた。
4)最近は複合リゾート型に。顧客は従来のVIP中心から大衆へ。収益性は、VIPより一般大衆のほうが高い。

韓国の動向:
1)韓国では1960年にカジノが導入。現在、全国に17カ所のカジノがあるが、韓国人が入場できるのは1カ所。
2)カジノ売上高は2013年度の2兆6,000億ウォン(約2600億円)。年7.5%の成長。
3)最近は中国人が主たる顧客。
4)カジノを育成するために、2006年に中国人に無ビザの制度を設けたり、仁川空港の近くを経済自由区域に指定
5)国内の人の入場に関する規制緩和にについては反対の声が根強い。
6)将来の懸念材料は日本にカジノが導入されようとしている点。中国人顧客を奪われることが憂慮されている。

カジノIRジャパン関連記事
カジノIRジャパン:海外ニュース>韓国

カジノIRジャパン

該当記事

韓国経済ウォッチ~活性化するアジアのカジノ産業(前)
記事へのリンク

Net IB NEWS

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.