カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国:クルーズ船産業の育成方針。船上カジノへの内国人入場を認める法案を検討

2015-05-08

【海外ニュース】

韓国政府はクルーズ船事業を育成する方針を持ち、2015年1月にクルーズ法を可決し、韓国籍のクルーズ船に外国人専用カジノを設置できることとした。
現在、政府は4つの事業者と協議中。年内に1社以上に船社免許を出し方針とのこと。早ければ来年上半期に就航する見通し。

東亜日報によれば、政府はクルーズ法改正案を国会へ提出する方針のようだ。特例として、船上カジノに内国人の入場を認める法案。政府は外国人専用カジノでは収益が限定的との判断とのこと。一方、射幸性をめぐる議論には反対意見も多く、道のりは簡単ではないようだ。
政府関係者の見解を紹介。クルーズ費用は1人当たり400万ウォン(40万円)と高価であり、ギャンブル目的の入場は限定的。ギャンブル目的はカンウォンランドに行く可能性が高いとの判断。

韓国は日本と比較し、観光や文化産業の取り組みに先行している。陸上IRでは仁川空港回りで4つの大型計画が実現する方向。反対の意見もあるが、着実に前進している感がある。

なお、日本においては、日本籍のクルーズ船は船上カジノは禁止、日本に寄港中の外国籍のクルーズ船もカジノは禁止である。

カジノIRジャパン関連記事:
カジノIRジャパン:海外ニュース>韓国

カジノIRジャパン

該当記事

船上カジノへの韓国人出入り容認法案、射幸性巡り国会議論では曲折も
記事へのリンク

東亜日報

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.