カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





阿寒観光協会・大西理事長*滞在型への転換必要*IRは今後も誘致=北海道新聞

2015-05-16

【国内ニュース】

阿寒湖観光協会まちづくり推進機構の大西雅之理事長は9日の北海道新聞のインタビューの中で道東観光の展望について語った。この中でIRについて触れ、遠くから人を呼び込む要素が必要で、長く滞在してもらう娯楽施設が不可欠として、今後もIR誘致を続ける意向を改めて示した。

釧路市では2005年に釧路商工会議所青年部がカジノ構想を発表。翌年に民間を中心に研究会が発足し、13年に「ひがし北海道統合観光リゾート誘致協議会」が設立されている。12年には全国で地方誘致に取り組んでいる民間団体が各地で持ち回りで開催している「日本カジノ創設サミット」(現・日本IR創設サミット)を開催するなど、IR誘致に向けて積極的に取り組んでいることが知られている。(佐藤)

カジノIRジャパン

阿寒湖観光ナビ(NPO法人 阿寒湖観光協会まちづくり推進機構)

該当記事

阿寒観光協会・大西理事長*滞在型への転換必要*IRは今後も誘致

北海道新聞(5月9日)


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.