カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





【遊技産業の視点 Weekly View】遊技機メーカーも優勝劣敗の職域に=SankeiBiz

2015-05-16

【マスコミ・メディア】

パチンコ業界に詳しいジャーナリストのPOKKA吉田氏が最近のパチンコ機器メーカーの経営破綻についてレポートした。

3月12日にはマルホン工業、4月14日には奥村遊機が経営破綻し、4月23日にはオーストラリアを本拠地とするアリストクラートテクノロジーズが2015年年中にパチスロ事業から撤退すると発表した。
同氏によれば、これまでもパチンコ機器メーカーの経営破綻は珍しくはないが、それは新規参入組であり、老舗メーカーの破綻は異例とのこと。

これまで老舗メーカーが経営危機に陥った際には、大手メーカーが救済買収することが多かった。大手メーカーからすれば、知名度やヒットシリーズの暖簾を利用できることに加え、保通協の型式試験において有利となるメリットがあるため。銀座、タイヨーエレック、高砂電器産業などがその例とのこと。
型式試験の申請枠数は上限があり、予約が超過した場合に抽選になることから、大手メーカーは複数のメーカー名義を持つメリットがある。

今回は救済買収に名乗りを挙げる大手が現れなかった。それだけ、業界が疲弊し、先行きに不透明感、危機感がある証左との見方。

カジノIRジャパン関連記事:
上場するパチンコ機器メーカーの業績動向
遊技機メーカー:市場動向、15年3月期実績&16年3月期予想のまとめ=カジノIRジャパン

パチンコ業界関連
遊技産業の視点 Weekly VIew=Sankei Biz
パチンコパチスロイノベーションフェア2015(18日):IR法制化の動きがPS業界の変革を加速
パチンコパチスロイノベーションフェア2015(17日):IR法制化の動きがPS業界の変革を加速

カジノIRジャパン

該当記事

【遊技産業の視点 Weekly VIew】遊技機メーカーも優勝劣敗の職域に
記事へのリンク

SankeiBiz


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.