カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





英国:オンラインギャンブル GVC HoldingsがBwin.Partyに買収提案。小が大に対して

2015-05-17

【海外ニュース】

15日に英国のオンラインゲーミング業界のGVC Holdingsが競合であるBwin.Party Digital Entertainmentに買収提案したと発表した。

今回の提案が実現するかは未定であるが、Bwin.Partyは外部事業者との企業結合については否定的ではない。同じ15日にBwin.PartyはGVC Holdings以外の複数の事業者と協議中と発表。

それぞれロンドン市場に株式を上場しており、Bwin.Partyの時価総額は約1,500億円、GVC Holdingsの時価総額は約520億円である。
小が大に対して、買収提案を行ったことになる。

Bwin.Partyはジブラルタル登録、2014年の売上高は約830億円、従業員数は2,300名。カジノゲーミング、ポーカー、スポーツベッティングを提供。

GVC Holdingsはマン島に登録、2014年の売上高は420億円、従業員数は700億円。スポーツベッティングを主力とし、売上高の半分を占める。

欧州は個人主義、自己責任の考えが強く、ギャンブルに寛容である。また、企業買収も日本より一般的である。

カジノIRジャパン関連記事
カジノジャパン オンラインカジノ大研究シリーズ

カジノIRジャパン

該当記事

Online Gambling Firm GVC Holdings Makes Bid for Rival Bwin.Party
記事へのリンク

THE NEW YORK TIMES

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.