カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





オンラインカジノ大研究③ – (3)

2015-05-17

【カジノジャパン】

オンラインカジノ研究-画像22

1 オンラインカジノを楽しもう

ギャンブル中毒に対しての取り組み-前編

カジノのみならず、あらゆるギャンブルでプレイヤーが陥りやすい可能性をもつのは、中毒症状である。ギャンブル中毒に対しては、ランドカジノでは中毒者向けのHOTLINEの番号がキャッシャーのそばに明記されていたり、パンフレットなどが設置されている。オンラインカジノではそうした内容を盛り込んだページが「責任あるゲーム」「責任あるギャンブル」とあり、ライセンス発行国によって表示が義務化されていることが多い。

その一例としてインペリアルカジノのサイトで「責任あるゲーミング」というページ(https://jp.imperialcasino.com/content.aspx?pa
geCode=cas_ic_resp_gam)があるので、次ページ表1に要約を紹介する。

ここでは中毒にかかりやすい未成年への対策と、依存症になった(と思われる)場合のチェック方法、ギャンブル入金制限および中毒になった
場合にプレイヤー自身およびその家族などによる退会方法などが記されている。
ほかにも中毒を治療するための専門機関の紹介など、段階に応じたサポートが記されているが、これらはオンラインならではの制度であるともいえる。

またオンラインカジノのプレイヤーといえば、まだまだ男性が圧倒的多数だが、イギリスではこの数年でその状況に変化が生じているようだ。なんと2006年と比較して2009年にギャンブル中毒と認定された女性の数は2倍になっているという。
この急激な増加の背景には、やはりその気軽さにあるだろう。オフラインのギャンブル(カジノおよびスポーツブック)は依然として男性客
が中心で、女性1人ではなかなか入りにくい環境。
対してオンラインギャンブルは誰に気兼ねするわけでもなく、容易に始められるという要因が大いに関係している。

特にオンラインビンゴは当初から女性ギャンブラーをメインターゲットにしている。そこではチャットなどのコミュニティ機能が充実してお
り、ギャンブルの場というより、仲のよい友達とコミュニケーションを取る場になっている女性も多数いるようだ。
脳機能学的にも、女性は他人とコミュニケーションを取ることにより、ある種の精神的バランスを維持していることが明らかにされている。SNSで孤独な人が他人とのつながりを求めることと同じように、日中の会話が少ない専業主婦などの女性層を取り込むため、そうしたコミュニティ機能は顧客拡大のための重要なプロモーションになっている。

日本ではすでにパチンコ、パチスロ、麻雀などに興じる潜在的ギャンブラーといわれる女性が数多くいる。つまりオンラインカジノに対し、日本の女性の感性に上手くマッチしたブランディングをすれば、参加推進への近道となるだろう。

図表1

責任あるゲーミング

Everest Gaming (Gibraltar) Limitedでは、さまざまなオンラインゲーミングサービスを提供。オンラインでのカジノプレイは楽しく安全である反面、弊社では社会的な責任も深刻に受け止めています。
そこで以下の通り、未成年のアカウント開設予防や、ゲーム依存症などに対するサポート体制をとっています。

1. 未成年の保護
Everest Gamingでは18歳未満のプレイヤーはアカウントを開設できないようになっています。未成年を保護するためには、次のような対策を講じることができます。
・ログイン情報は誰にも教えない
・ログイン画面の「パスワードを記憶する」を有効にしない
・クレジットカードまたは銀行口座の情報を未成年と共有しない
・家庭に18歳未満の者がいる場合はコンピューターにペアレンタルコントロールソフトウェアまたはフィルターソフトウェアをインストールする

2. ゲーム依存症
アルコール摂取量、ショッピング、テレビゲームなど、依存症の兆候は自分自身や他人であってもわかりにくいものです。ギャンブルは、より深刻な問題の症状のひとつ。
自分でも本当の問題や将来の結果に気づかないため、そんな場合には、プロのアシスタントをご利用できます。

3. 自分が危険だということを知るには?
Everestを安全にご利用いただける7つのルールを設定しました。

①損失を補てんするためだけにダブルアップしない
②1日、1週間、または1カ月などで負けてもよい額を決めておく
③酔っている時や薬物を服用している時、疲れていたり、気が滅入ったりしている時にプレイしない
④何時間オンラインプレイをしているのか確認し、マイトランザクションでゲーム履歴を常に確認する
⑤時々休憩して気分を入れ替える
⑥はまってしまう前に予算を決める
⑦ゲームを楽しむこと!

ギャンブル依存症が疑われる場合には、簡単な自己診断テストにより、ご本人にとってゲームが問題になっているのかを診断できる専門的サービスやウェブサイトがあります。

4.Everestのサービス
Everestでは、ギャンブル依存症を発症しているのではないかと思われている皆さまをサポートするさまざまなサービスを提供しています。

・入金制限の設定
入金制限は責任あるゲーミングポリシーの一環です。どれだけの金額を使うかコントロールする助けになります。1日、1週間、1カ月単位で、入金制限額を選択できます。

・アクティビティのトラッキング
アカウントではデポジットした金額の記録を確認できます。自分の行動を確かめることができ、節度を守ったプレイへの目安になります。

・カスタマーサービスチームへのお問合せ
Everestでのギャンブル制限の設定対策や、サポートしてくれる専門家をご紹介するなど、さまざまなサポートを説明しています。

・自己排除措置(一時的、または永久的なアカウントのブロック)
ギャンブル依存症へのリスクを感じた場合、永久にアカウントを削除し、再度アカウントを開くことをできなくさせることができます。

・治療
ギャンブル行為について専門的な助けが必要な場合、またはそのリスクを感じた場合は、さまざまなカウンセリングサービスをご利用できます。

(IMPERIAL CASINO HP より一部省略・要約して引用)

 

カジノジャパン29号(2014年3月31日発行)から転載


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.