カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





オンラインカジノ大研究③ – (6)

2015-05-20

【カジノジャパン】

オンラインカジノ研究-画像22

2 オンラインカジノの魅力

ランドとオンラインカジノの融合-前編

米国でのオンライン合法化は進んでいるが、それに合わせるかのようにランドベースとオンラインの融合もますます進んでいる。

振り返れば、2006年にオンラインギャンブルに関する法令(UIGEA)が制定されて以来、多くのオンラインカジノが米国のプレイヤーを受け付けなくなり、オンラインギャンブルが米国内で行うことはほぼ不可能な状態となっていた。

その後、今年になって888.comの親会社である888ホールディングがアメリカでのオンラインギャンブル合法化に伴い、ネバダ州でポーカーの
ソフトを供給する認可を受け、事実上ランドカジノとの提携を成し得ている。

またニュージャージー州にはアトランティックシティというカジノ街がある。ラスベガスほど大きくはないが、不動産王と呼ばれるドナルド・トランプ氏が経営していたカジノがあることでも有名だ。
同州でオンラインカジノはすでに合法化しており、ボルガタホテル・カジノはBwin.Partyと、ドナルド・トランプ氏のタージマハールカジノリゾートはUltimate Gamingと提携。またシーザーズカジノ・アトランティック、バリーズアトランティック、ハラーズアトランティックは3社提携となるなど、すでにいくつかのランドカジノとオンラインゲーミング会社が提携の発表をしている。
そのほかトランプ氏のもつグループ会社、トランププラザはイギリスのオンライン、ベットフェア(ソフトバンクが株を所有)と組み、オンラインポーカーのソフトはインターカジノの親会社であったアマヤ・ゲーミングのもつオンゲームというネットワークを使用する模様。

さらにモナコのランドカジノがオンラインゲーミング会社を買収(エベレストゲーミング/インペリアルカジノ等の運営元)し、〝モンテカルロカジノ〞をオープンしている。

オンラインカジノ研究-画像24

オンラインカジノ研究-画像25

カジノジャパン29号(2014年3月31日発行)から転載


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.