カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





沖縄県:USJ新パーク 政府は国家戦略特区、美ら海水族館との連動を検討=各社報道

2015-05-24

【国内ニュース】

22日、23日に日本経済新聞、毎日新聞などがUSJの沖縄県の新パーク構想を国家戦略特区、美ら海水族館と関連付けて報道した。

政府は沖縄県の国家戦略特区の枠組みで、美ら海水族館を含む国営海洋博公園の規制緩和を行い、USJの新パークの誘致を想定しているとのこと。また、政府には国営海洋博公園の指定管理を、USJ社に担わせることも検討しているようだ。

沖縄県は2014年3月に国家戦略特区、国際観光イノベーション特区に指定された。国営海洋博公園の敷地面積は約77ヘクタールであり、2014年度の入園者数は約435万人。

一方、USJ側は沖縄県の新パークは大阪市のパークとは異なり、沖縄の自然をテーマとする方向で、真剣に検討している最終段階とのこと。

USJ社の大阪市のパークは2014年度の入場者が1270万人と開業直後のピークを更新するなど好調であるが、年間1500万人を超えると混雑が問題となる可能性があるとのこと。また、大阪市のパークの周辺の土地事情により拡張余地が乏しく、沖縄のパーク構想は中期的な業容拡大においても重要である。

USJ社はカジノを含む統合型リゾート(IR)への参入意欲を表明している。これまでにUSJ社の沖縄県のパーク構想をIRと関連付けるような報道も散見されたが、22日、23日に報道は沖縄県のパーク構想がIRとは独立した動きであることを示している。

カジノIRジャパン関連記事:
USJ、沖縄進出の裏の狙いはカジノ!早くも暗雲 カギ握る米軍基地移設と共倒れか=Business Journal

カジノIRジャパン

該当記事

沖縄特区、USJ念頭に 美ら海水族館周辺 政府検討
記事へのリンク

日本経済新聞

海洋博公園:USJが管理、政府検討
記事へのリンク

毎日新聞

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.