カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





テニアン:Tinian Dynasty 米司法省がマネロンルール違反でUS$75mnの制裁金

2015-06-07

【海外ニュース】

北マリアナ諸島はプエルトリコと並ぶ、米国のコモンウェルス(米国自治連邦区)である。北マリアナ諸島は14の島から成るが、そのうち、テニアン島には1998年に開業した大型リゾートホテルのテニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノがある。
カジノフロアは7000㎡であり、40以上のテーブルゲーム、260台のスロットマシンを持つ。

3日、米国政府はテニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノに対し、US$75mn(約90億円)の制裁金を課した。2008年以降の反マネーロンダリングルールの違反。
The Treasury’s Financial Crimes Enforcement Network(FinCEN)はここ数年、マネーロンダリングへの対策を強化している。FinCENは銀行のみならず、Las Vegas Sandsなどカジノオペレーターを精査している。
今回のテニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノへの制裁金は、FinCENによる制裁金としては過去三番目の大きさ。

カジノは銀行と同様に、顧客の一日当たりUS$10,000(120万円)を超える現金取引を当局に報告する義務がある。FinCENによれば、テニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノはこの義務を意図的に遂行しなかった。

テニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノはHong Kong Entertainment Investments社の所有であるが、同社の経営情報は多く公開されていない。
4月21日にはChinese Strategic Holdings社がテニアン・ダイナスティ・ホテル&カジノの運営買収の交渉中と発表した。

カジノIRジャパン

該当記事

U.S. Fines Casino Operator for Anti-Money-Laundering Violations
記事へのリンク

Nasdaq.com


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.