カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:SJM Holdings コタイLisboa Palace隣接のテーマパークにハローキティのホテル導入

2015-06-08

【海外ニュース】

SJM Holdingsはコタイ地区のLISBOA PALACEに隣接した土地に、ファミリー向けテーマパークを建設予定。土地は18万㎡。このテーマパークはLISBOA PALACEの約2.5倍の土地である。
そこには、5つのファミリー向けホテルを設置するが、うち一つはハローキティをテーマとしたホテルとのこと。また、ハローキティはテーマパーク内でも多面的に活用される可能性があるようだ。

SJM HoldingsのLISBOA PALACE本体は大人向けの高級感あるカジノを含む統合型リゾート(IR)となる予定。投資額$3.9bn(約4700億円)は2017年の開業予定。土地は約7万㎡。ホテルは2000室。
6カジノ事業者の中で最後のコタイ進出となる。中国人が好むような高級なヨーロッパテイストの施設となるようだ。

コタイ地区には、Sands China、Galaxy Entertainment、Melco Crown Entertainmentに続き、MGM China、Wynn Macau、そしてSJM Holdingsが開発を進めており、2017年にはコンセッション6事業者の大型IRが出揃う方向。

マカオ政府はマカオをVIPからマス、そしてカジノ中心から観光への転換を促進している。コタイ地区はその象徴的存在。しかし、完全にファミリー子供向けの施設、ブランドの投入は珍しい。

カジノIRジャパン関連記事
マカオ:カジノ事業者の株価が久々に反転。市場底打ち期待の5つの理由。マス主体への転換
マカオ:27日 Galaxy Macau Phase2&Broadway Macauオープン。今後のコタイ開発を総括

カジノIRジャパン

該当記事

Leong’s Cotai theme park to feature five hotels
記事へのリンク

Macau Business Daily


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.