カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





長崎県:平成28年度政府施策に関する提案 重点項目にIR法案の早期整備、観光促進策

2015-06-09

【国内ニュース】

長崎新聞によれば、長崎県は28年度の政府施策への提案をまとめたとのこと。中村法道知事が6月10日、11日に各省庁や自民党本部などを回り提案する。
提案は毎年度、各省庁が概算要求する前の時期に策定し、各府省等を訪問し、提案要望を行っている。翌年度予算の政府予算編成などに反映させるため。

今回の提案は重点項目35、一般項目37であり、合計72項目。重点項目には引き続きカジノを含む統合型リゾート(IR)の関連法案の早期整備が含まれたほか、長崎港松が枝地区国際観光船ふ頭の事業化(クルーズ船の寄港増への対応)、二つの世界遺産候補の登録実現など観光促進策が盛り込まれた。

中村知事は5月11日に安倍首相を官邸に訪ね、IR推進法案の早期成立を求める要望書を提出した。要望書ではIRを地方創生につなげる必要性を指摘し、同時に佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボスへのIR誘致も訴えた。

長崎県、佐世保市は、IR誘致に向けて、官民の一体の取り組みを積極化させている。佐世保市の推進協議会は4月に長崎IR構想骨子を発表し、パブリックコメントを募集した経緯がある。

IR実現については、これまで一部の新聞社などが否定的な見解を発表する一方、当事者である地域の人々は調査研究し、実現、誘致を要望している。
IR実施法案の考え方では、誘致は自治体、地域の発議、主導である。逆に、IRを望まない地域には実現しない制度。

長崎県HP該当ページ:
長崎県-過去の政府施策に関する提案・要望書

カジノIRジャパン関連記事
カジノ法案「早期成立を」 長崎県知事が首相に=産経新聞
長崎県・佐世保市IR推進協議会が「長崎IR構想骨子」案を発表。パブリックコメントを実施
長崎県:カジノ誘致へ骨子案 県、「地方創生型IR」強調=朝日新聞
長崎県議会が観光振興について意見書を採択。IR導入について「取り組みを進める」

該当記事

新交付金「使途自由に」
記事へのリンク

長崎新聞

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.