カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





台湾:フィリピンBloomberry 台湾への進出を検討。引き続き日本、韓国にも意欲

2015-06-11

【海外ニュース】

フィリピンの現地メディアがフィリピンBloomberry Resorts CorpのCEOであるEnrique Razon氏のインタビューを掲載。Enrique Razon氏は台湾がカジノを合法化すれば、台湾にも進出する意向を明らかとした。

台湾は離島のカジノIR合法化を承認済みで、現在、IR設置・運営に関わる法律の整備が最終局面にある。一方、中国政府は台湾の離島カジノIRが実現するならば、中国人の訪問を認めない可能性に言及。法案、事業採算性とも不透明感が強い。

Bloomberryはすでに日本、韓国への進出意欲を繰り返しアピールしている。今回、Enrique Razon氏は改めて日本への関心を強調。国会に再提出されたIR推進法案の行方を注視しているとした。
韓国については、Bloomberryは既に追加の2つのIR枠の参入競争に参加する意向を表明。すでに、仁川空港の周辺の舞衣島と実尾島の土地を買収した(舞衣島12.2ha、実尾島20.96ha)。

なお、インタビューでは2015年通期業績が黒字となるかどうかについて、まだ判断には時期尚早と答えた。
Bloomberry Resorts Corporationの2015年1Q業績は、売上高はPHP6,343mn、YoY9%増、当期損益はPHP533mnの赤字(前年同期PHP1461mnの黒字)であった。赤字の背景は、2014年11月開業のSky Tower(312室、VIPテーブル66)の初期コスト。

カジノIRジャパン関連記事:
台湾:離島カジノIR構想 中国政府が中国人の訪問を認めないと警告
フィリピン:IR3社の1Q決算が出揃う。合計の1Q売上高440億円、時価総額7,081億円
韓国:フィリピンBloomberryが仁川空港近くの土地、済州島カジノ事業者を買収

カジノIRジャパン

該当記事

Razon’s Bloomberry eyes placing bet on Taiwan, Japan gaming
記事へのリンク

ABS―CBN


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.