カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





北海道:道庁 経済部観光局 北海道型IR検討調査報告書を公開

2015-06-17

【国内ニュース】

北海道庁・経済部観光局のIR調査報告書が議会に提出され、HPに公開された。

北海道HP該当ページ:
北海道 > 統合型リゾート(IR)に関する情報

内容は以下のとおり。
(1)各国・地域におけるカジノ・IRの開発・運営事例
(2)各国・地域における社会的影響への対策事例
(3)わが国で検討されているIR制度に係る基本的な考え方
(4)北海道へのIR導入による社会的影響と経済効果
(5)IR導入検討の留意点

誘致を検討している自治体として、過日IR報告書を発表した苫小牧市(拠点空港隣接型)、留寿都村(高原リゾート型)、釧路市阿寒湖温泉(エコリゾート型)の3カ所を挙げている。

委託先企業については、代表者は(株)ピーアールセンター。


北海道庁による北海道型IR検討調査報告書:
IR施設概要:
拠点空港隣接型=総投資額1,042億円、年間売上高636億円、年間利用者数405万人
高原リゾート型=総投資額696億円、年間売上高450億円、年間利用者数365万人
エコリゾート型=総投資額521億円、年間売上高346億円、年間利用者数359万人

経済波及効果-建設:
拠点空港隣接型=1,725.0億円=直接効果908.6億円+一次効果476.5億円+二次効果339.9億円
高原リゾート型=1,220.4億円=直接効果642.8億円+一次効果337.1億円+二次効果240.5億円
エコリゾート型=865.8億円=直接効果494.0億円+一次効果229.7億円+二次効果142.1億円

経済波及効果-運営効果:
拠点空港隣接型=834.1億円=直接効果490.0億円+一次効果178.0億円+二次効果166.2億円
高原リゾート型=590.1億円=直接効果346.6億円+一次効果125.9億円+二次効果117.6億円
エコリゾート型=398.1億円=直接効果247.1億円+一次効果80.3億円+二次効果70.6億円

カジノIRジャパン関連記事:
北海道:経済効果2600億円 統合型リゾート、道が試算=毎日新聞
北海道 苫小牧市:統合型リゾート(IR) 可能性調査・検討結果報告を発表

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2017

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.