カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:ニュージャージー州 北部へのカジノIR設置議論(4)州議員のオピニオン

2015-06-21

【海外ニュース】

19日にニュージャージー州議員が地元メディアに対し、北部へのカジノIR設置構想についてオピニオンを掲載した。

ニュージャージー州ではカジノ設置が南部のアトランティックシティに限定されているが、ここにきて北部に最大3つのカジノ設置を法制化する動きがある。
推進派の第一ステップは、11月の州の住民投票の議題にその提案を含めること。

ポイントは、
1)北部カジノ設置を推進する議員団は、経済効果を分析し、住民など幅広い層にヒアリングを実施。
2)ジャージー市の2時間半の車移動圏内に2300万人の成人が居住(主にニューヨーク市)。交通インフラは高度。
3)数百億円のゲーミング収入が期待できる。それは教育、税負担の軽減、年金、高齢者など社会的弱者対策への充当。
4)2万人以上の直接雇用。数千人の建設や間接の雇用。
5)The University of Chicago’s National Opinion Research Center (NORC)によれば、米国ではカジノIRの近隣自治体は福祉関連支出(福祉、失業手当、失業保険など)が12%から 17%ほど低下。
6)北部のカジノIRの収益を、アトランティックシティ、州南部に振り分ける。アトランティックシティのIR化、ノンゲーミング開発を促進。

米国東海岸では1970年台にニュージャージー州アトランティックシティが、1990年代にはコネチカット州の2つのインディアンカジノがカジノ産業を興し、隆盛を誇ってきた。しかし、それぞれ周辺州との競合により、市場は大きく縮小した。
アトランティックシティのカジノ市場は2006年のピークにはUS$5.2bnであったが、2014年にはUS$2.6bnと半減。
コネチカット州の2つのインディアンカジノの合計のカジノ売上高は2006年のピークにはUS$3.2bnであったが、2014年にはUS$1.9bnに減少。

大きな顧客送出市場であったニューヨーク州、マサチューセッツ州が自らの州内にカジノを含む統合型リゾート(IR)を開業する流れとなり、ニュージャージー州、コネチカット州とも州境へのカジノ開設を実現する動きが活発化している。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(3)Hard Rock Casino at Meadowlands構想
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(2)推進派が経済波及効果を試算
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(1)NY州のカジノ増設への対抗

カジノIRジャパン

該当記事

Opinion: Expanding casino gaming would benefit Jersey City, state
記事へのリンク

NJ.com


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Showcase-2018
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.