カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:IR事業者の株価低下。中国人集客不調 それでも3社計の時価総額は6000億円

2015-06-24

【海外ニュース】

BLOOMBERGによれば、フィリピンのIR3社の株価は大幅に低下。年初来の低下幅は、
Travellers International Hotel Group(運営施設Resorts World Manila)=35%
Melco Crown (Philippines) Resorts Corporation(運営施設City of Dreams Manila)=56%
Bloomberry Resorts Corporation(運営施設Solaire Resort and Casino)=27%

現在のIR3社計の時価総額はPHP220bn(約6000億円)である。

株価低下の理由は業績が期待を下回っていること。新規施設の開業、すなわち2014年11月開業のSolaire Resort and Casino増設(Sky Tower。312室、VIPテーブル66)、2014年12月開業のCity of Dreams Manila、の後、中国人の訪問が不調となった。

当初は中国人がマカオからフィリピン市場に流れ込む期待があったが、その期待は不発に終わっている。
マカオ市場の足元の低迷要因は、反腐敗政策、渡航ビザコントロール、禁煙政策、金融商品市場の低調(による富裕層の余剰資金の縮小)、であるが、このうち反腐敗政策、金融商品市場の低調はフィリピンにも波及。
さらに、フィリピンと中国との地政学的な問題も中国人の集客不調に拍車をかけている。

BLOOMBERGの集計では、株式市場にけるIR3社計の当期利益予想は、2015年PHP92.5bn(約250億円)から、2016年PHP13.61bn(約370億円)、YoY47%増、2017年にはPHP15.59bn(約420億円)、YoY15%増である。
新規施設(Solaire Resort and Casino増設、City of Dreams Manila開業)が、巡航速度、フル寄与となる2016年には大きな改善の予想。

現在の予想は楽観的との指摘もある。

足元の業績が想定を下回り、株価は低下したものの、IR3社計の時価総額は6000億円である。株式市場はIR3社の将来に強い成長期待を持っている。

カジノIRジャパン関連記事
フィリピン:IR3社の1Q決算が出揃う。合計の1Q売上高440億円、時価総額7,081億円
フィリピン:現状まとめレポート カジノ市場は2018年に世界4位へ

 

<各社の会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「国内関連企業」を参照ください。
「国内関連企業」のトップ

カジノIRジャパン

該当記事

House Doesn’t Always Win as Philippine Casino Bet on China Sours
記事へのリンク

BLOOMBERG


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.