カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





新・観光立国論―モノづくり国家を越えて(NHK出版)

2015-06-28

【マスコミ・メディア】

新・観光立国論―モノづくり国家を越えて-画像新・観光立国論―モノづくり国家を越えて(NHK出版)
著者 寺島実郎 一般財団法人 日本総合研究所
2015年6月刊 定価1700円+税

昨年春、民間のIR推進協議会準備委員会が設立されて寺島実郎氏がその代表に選出されたとき、関係者は大きな驚きと喜びをもってこれを受け入れた。
しかし、その後の寺島の多くの発言によって、その期待は失望に変わりつつあった。

「なぜカジノばかりにこだわるのか。IRには確かにカジノは含まれているが、観光立国というのはそんな狭い思想・戦略ではない」。

寺島のこの考えは、まさに“カジノ”を含むIR導入に努力してきた多くの関係者にとっては、期待を裏切る行為に映ったのかもしれない。しかしそれから1年、IR推進法案が再提出され正に審議入りして、世論に強く訴えるためには、寺島のこの考えは、極めて重要なものに思える。

日本の将来予想は明るいものではないが、本書には「観光」をキーワードに現状を冷静に分析し、それをブレイクスルーする具体的な方法論がテーマごとに戦略的に述べられている。
詳細は述べないがリニア開通を軸に「相模原モデル」などという交通体系の提案もしている。

しかし本書の一番の主張は、国民の挑戦や、既得権を含む現状打破を喚起する思想だと思う。寺島は「新しい観光立国とは創造的な観光ができるかどうか」「地域に宿っている可能性を探求し、イノベーションと創造力を駆使して、それらを統合する」と述べている。

観光立国を通して私たちができることはたくさんある。他力本願ではなく、もう一度自らの想像(創造)力を全回転する事を呼び掛けている。
「カジノというコンテンツに飛びつく前に、地域特性を熟考して本当の意味での統合型リゾートを描き出す知恵がこれから重要になる」。

寺島はカジノを肯定しながらも慎重に論を進めていく。最初からカジノだけを肯定しなかった理由がここにある。日本にIR・カジノを作る理由は何か。私たちはもう一度考えてみるべきかもしれない。

【 内容 】
序 章 創造的観光立国を求めて
    1 アジアダイナミズムを見つめて
    2 日本の人口構造の成熟化と産業構造の行き詰まり
    3 観光立国、基盤インフラとしての総合交通体系の整備
    4 移動と交流という思想
    5 創造的観光という視界
    6 真のIR(統合型リゾート)戦略とは何か
第1章 日本経済が直面する4つの課題
第2章 脱工業生産力モデルへの挑戦としての観光立国の試み
第3章 世界の事例に学ぶ(統合型リゾートとツーリズムの多様な姿)
第4章 創造的観光立国戦略としての統合型リゾートを構想する

【資料編】データ・情報から読み解く観光立国
第1章 真の観光立国実現に向けて
第2章 脱工業生産力モデルの先行例
第3章 統合型リゾートの代表例
第4章 多様なツーリズムによる地域創生の実現

この本の購入はこちら。

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.