カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ユー・エス・ジェイ 2015年3月期営業利益390億円、前期比61%増 クールジャパン重視

2015-06-30

【国内ニュース】

各社報道によれば、30日、ユー・エス・ジェイが2015年3月期業績を明らかとした。2015年3月期業績は、売上高1385億円、前期比44%増、営業利益390億円、前期比61%増。営業利益は二期連続で過去最高を更新した。
入場者数は約1270万人、同21%増と13期ぶりに過去最高を更新。ちなみに、入場者数のうち、訪日外国人は100万人弱。

集客拡大の背景は、1)ブランド認知の向上、2)2014年7月開業の「ハリー・ポッター」をテーマとしたエリア、日本オリジナルコンテンツのアトラクション、3)インバウンドの拡大、など。

各社報道によれば、ユー・エス・ジェイは株式の再上場を目指しており、本年秋に上場する見通し。

日本において、オリエンタルランド、ユー・エス・ジェイが二大テーマパークである。

カジノIRジャパン-オリエンタルランド(4661)2015年3月期業績に対するコメント(4月28日):
経常利益は15年3月期実績は1104億円、前期比2%減、16年3月期会社予想は1073億円、前期比3%減。14年3月期が30周年イベントの貢献が大きかったことを考慮すれば、利益は高水準。足元はチケットの値上げの影響はないとの判断。
大規模開発のテーマは、東京ディズニーランドのファンタジーランドの再開発の一部エリアには『美女と野獣』、『ふしぎの国のアリス』をテーマとし、東京ディズニーシーの新テーマポートの開発の一部エリアを『アナと雪の女王』とし、新テーマポートの全体テーマを「北欧」とする。
なお、2023年に向かって舞浜以外の新規事業を立ち上げる方針だが、現時点では内容は未定。


<各社の会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「国内関連企業」を参照ください。
「国内関連企業」のトップ

「国内関連企業」の各業種別のページ
都市開発-不動産、住宅、鉄道
施設構築-建設、設備、機器
事業開発-総合商社、金融
運営サービス-広告、広報PR、人材サービス、警備サービス
関連施設-レジャー・アミューズメント、小売、宿泊
関連コンテンツ-エンターテイメント、ゲーム
観光関連-空輸、旅行、宿泊予約
パチンコ関連-メーカー、周辺機器、広告

カジノIRジャパン

該当記事

USJ営業益最高の390億円 15年3月期、「ハリポタ」効果
記事へのリンク

日本経済新聞

USJ「輸出」、日本のコンテンツ産業成長へ橋渡し
記事へのリンク

産経新聞


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.