カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





千葉市:幕張新都心 地元企業がIR誘致活動けん引 ステークホルダーへの働きかけ活発化

2015-07-02

【国内ニュース】

千葉市幕張新都心におけるIR誘致活動が活発化している。
かねてから、千葉市幕張新都心では地元企業が中心となった「幕張新都心MICE・IR推進を考える会」が誘致活動に取り組んできた。地元企業の活動のギアがここにきて一段上がった印象である。

関係者によれば、6月30日には一般財団法人「ちばの未来」(地元企業が中心)が幕張新都心の主婦を招き、IRについて説明会を行った。質疑応答が一時間に及ぶなど、参加者の関心は非常に高かったようだ。

7月2日には一般社団法人「政経倶楽部連合会」東京支部が都内ホテルにて例会を開催。フィリピンのブルームベリーリゾーツを招き、「日本でのIR開業の魅力」と題した説明会を行った。
政経倶楽部連合会は事務局を幕張新都心に置き、中心企業の多くは幕張新都心とのゆかりが深い。会においても、幕張新都心におけるIRの可能性についての質疑応答が活発となった。

7月3日には千葉県経営者協会が千葉市長の熊谷俊人氏による講演会を開催する予定。演題は「幕張新都心でのIR導入の可能性」。同協会はIR誘致を推進する立場であり、千葉県の経済界のIRへの関心を喚起し、理解を促進する。

千葉市幕張新都心では、地元の企業群がIR誘致の活動をけん引している。地元の企業群が幕張新都心の将来を考え、当事者として、地域のステークホルダーの理解構築に動いている。

IR議連の考えでは、IRは将来的に最大10ヵ所前後の想定。その誘致競争は熾烈である(国が地域から提案を募集し、選定する)。

IRは地域の街づくり、創生の事業である。IRの誘致競争(すなわち、国が地域を選定する基準)における大きなポイントは、地域の4つのステークホルダー、すなわち政治、自治体、経済界、住民の理解と応援の熱量である。
千葉市幕張の地元企業群の地道な熱量形成の努力は、誘致活動における大きな力となる可能性があろう。

カジノIRジャパン関連記事:
千葉県:森田知事 IR誘致。カジノ特化でなく、大型複合施設ならば、非常に可能性ある
幕張新都心:統合型リゾート導入可能性調査の結果に関する市民報告会(第一回)

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.