カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国:IR追加2枠の入札 34計画ファイリング。ロッテがGentingと釜山に計画検討

2015-07-05

【海外ニュース】

韓国政府は2015年に新たにIR事業者を二つ選定する方針。入札条件は、最低投資額1兆ウォン(1100億円)以上、外国人専用カジノ(施設面積の5%未満)、ホテル1000室以上、など。

現地メディアによれば、カジノ産業を所管する韓国の文化体育観光部には既に34計画がファイリングされた。そして、今回、ロッテグループがGenting Groupと組み、釜山にIRを計画しているとのこと。

政府は新規の二つのIRにおいて、国内事業者の参入も促す方針であり、経済自由区域内に国内資本が参入できるように規制緩和した。
現地では少なくとも一つは、仁川空港回りの計画が選定される可能性が高いとみられている。

韓国では現在、17ヵ所のカジノがあり、うち外国人専用が16ヵ所、内国人入場可能なカンウォンランドがある。

そして、現在3つの大型IRの建設が進行中。仁川空港周辺にはParadise&セガサミー、Caesars&Lippoの2つがあり、投資額はそれぞれ1400億円、2000億円級。済州島ではGenting Singapore&Landing International(Resorts World Jeju )があり、投資額はUS1.8bn(約2200億円)である。
以上の計画はすべて外国人専用カジノである。初期開業は2017年から2018年となる予定。

2015年に選定される新たな二つのIRは、現在進行中の3つの計画に追加となる。

カジノIRジャパン関連記事:
韓国:米国モヒガンが仁川国際空港とコンセプト合意。政府の事業者選定に向けてアピール
韓国:南部でもIRを含む大型観光施設群整備が進展。釜山、昌原市、そして済州島。日本の競合に
韓国:2014年のカジノ市場は約3,000億円。今後の大型開発計画群を総括

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.