カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





大阪府市:松井府知事、橋下市長、3経済団体が会合。IR誘致を議論=各社報道

2015-07-08

【国内ニュース】

9日に一部加筆:

各社報道によれば、7日、松井府知事、橋下市長、3経済団体である関西経済連合会の森会長、関西経済同友会の村尾代表幹事、大阪商工会議所の佐藤会頭が会合を持ち、大阪観光局の事業運営を議論。そこではIR誘致の議論が大きなウエイトを占めた。

全体としてはIR誘致を推進することを確認したようだが、関係者の間で温度差があったことは否めないようだ。

会合では、松井府知事、橋下市長は経済団体に対して、ロビー活動を要請。一方、経済団体は府、市に対し予算の確保など行政のリーダーシップを要請した。

経済団体でも関西経済同友会、関西経済連合会は前向きなスタンスであるが、大阪商工会議所の佐藤会頭はIR誘致の前に大阪をどういう街にするかの将来ビジョンを持つべきと従前からの慎重スタンスを堅持した。

大阪市では橋下市長の政界引退、そして、6月に市議会、府議会がIR調査予算を減額、あるいは全額削除した経緯があり、IR誘致活動エネルギーへの影響が懸念されていた。

大阪市では6月10日に市議会が橋下市長が提案していた補正予算案のうち、カジノを含む統合型リゾート(IR)の調査費について、当初案の7600万円を3000万円に減額して可決した。
その翌日、11日には大阪府議会は15年度の補正予算案からカジノを含む統合型リゾート(IR)の調査費約3800万円を全額削除する修正案を可決した。当初予算案におけるIR調査費の約3800万円は府市で協力して進めている夢洲まちづくり構想の検討調査費の補助を想定していた。

カジノIRジャパン関連記事:
大阪府:大阪アディクションセンター(OAC)設立。依存症対策に全国初の取り組み
大阪府:カジノ調査費を全額削除 大阪府議会が修正案可決

カジノIRジャパン

該当記事

IR誘致推進確認 大阪観光戦略で松井知事ら
記事へのリンク

大阪日日新聞

大阪カジノ:リゾート誘致 互いに注文 官民で内輪もめ
記事へのリンク

毎日新聞

7月9日-追加:
IR誘致尻すぼみに大阪の“官民すれ違い”…橋下氏「経済界も一体で」と注文 財界は「熱冷めたのでは」と危機感
記事へのリンク

産経新聞


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.