カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:NJ州アトランティックシティ 6月実績 引き続き需給マッチ。既存店YoY5.5%増

2015-07-15

【海外ニュース】

14日、ニュージャージー州The Division of Gaming Enforcementが6月のアトランティクシティのカジノ市場を発表。

6月単月:
トータル=$216.5mn、既存店前年比5.5%増、全店前年比8.2%減
うち、カジノゲーミング=$204.9mn、既存店前年比4.4%増、全店前年比9.5%減
うち、インターネットゲーミング=$11.7mn、既存店前年比29.5%増、全店前年比22.8%増
1-6月累計:
トータル=$1,216.5mn、既存店前年比4.2%増、全店前年比10.1%減
うち、カジノゲーミング=$1,144.5mn、既存店前年比3.3%増、全店前年比11.3%減
うち、インターネットゲーミング=$72.0mn、既存店前年比21.3%増、全店前年比14.2%増

2014年に4店が閉鎖し、2015年には8店が営業中。足元は全店ベースでは減少だが、既存店ベースでは改善。市場需給がマッチし、個々の施設の収益性は上向いてきた。
そうした中、足元ではノンゲーミングのアトラクションへの再投資が生まれ、集客力を高める好循環が生まれつつある。

ただし、中期的には周辺州との競争が一段と厳しくなる方向性は否定できない。アトランティックシティはニューヨーク市を重要な顧客とするが、ここにきてニューヨーク州が三つのカジノを含む統合型リゾート(IR)を新設する方向となっている。

一方、5月末にはニュージャージー州においても、アトランティックシティ外である北部に三つのIRを設置する法案を検討する動きが浮上。推進派は11月に予定されている州の住民投票の議題に盛り込む考えであった。しかし、ここにきて同法案は2015年の住民投票の議題には乗らないことになった。
中長期の懸念材料の一つが、少なくとも後退したことになる。

米国東海岸では1970年台にニュージャージー州アトランティックシティが、1990年代にはコネチカット州の2つのインディアンカジノがカジノ産業を興し、隆盛を誇ってきた。しかし、それぞれ周辺州との競合により、市場は大きく縮小。
ニュージャージー州アトランティックシティのカジノ市場は2006年のピークにはUS$5.2bnであったが、2014年にはUS$2.6bnと半減。コネチカット州の2つのインディアンカジノの合計のカジノ売上高は2006年のピークにはUS$3.2bnであったが、2014年にはUS$1.9bnに減少。

カジノIRジャパン:IR経済>各種情報、データへのリンク集:
規制当局-米国-主要州-New Jersey

カジノIRジャパン関連記事:
・ニュージャージー州アトランティックシティの動向
米国:アトランティックシティ カジノ以外のアトラクション強化が進展。競争適正化の結果
米国:アトランティックシティ 5月実績 需給マッチで経営改善。一方、将来の競争激化リスクも高まる
米国:アトランティックシティ アイカーン氏のTrump Taj Mahal所有を承認 再生に前進
米国:アトランティックシティ 残存者メリットで事業者の収益改善が顕著。ノンゲーミング強化へ
・ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(4)州議員のオピニオン
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(3)Hard Rock Casino at Meadowlands構想
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(2)推進派が経済波及効果を試算
米国:ニュージャージー州 北部へのカジノ設置議論(1)NY州のカジノ増設への対抗

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Showcase-201901
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.