カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:Caesars Entertainment 破産裁判所が債権者に有利な判断。厳しい状況 22日株価41%暴落

2015-07-23

【海外ニュース】

22日、Caesars Entertainment Corp(CEC)の株価が41%低下し、時価総額は$688mn(約825億円)となった。株価は年初から70%ほど低下。

CECは1月に子会社である運営会社(CEOC)を破産申請(Chapter11)させた。その後、CECはCEOCの債権者から複数の訴訟を受けている。
一つは、CEOCが破産申請する以前に、CEOCの負債責任がCEC自身に遡及しないように契約変更済みと主張する妥当性について。
もう一つは、CEOCの破産申請前に、CEOCの数十億ドルもの優良資産をCEC自身に移転させた取引の妥当性について。
その訴訟の行方は、CECの事業継続性に大きな影響を与える。

22日、破産裁判所は破産手続き下にあるCEOCは訴訟から守られる一方、CECは守られないと判断を示した。これにより、CECは訴訟に向き合うこととなった。
CEC自体が破産申請する可能性が高まり、株価が暴落したわけだ。

CECの大株主であるプライベートエクイティファンドのApollo Global Management(Appolo)、TPG Capital Management(TPG)は、この数ヶ月、CEOCのリストラ計画をCEOCの債権者と交渉してきた。
その内容は、1)CECがCEOCへの株主ステイタスを維持、2)CEOCの債権者はCECへの訴訟を停止、3)そのうえで債権を一定レベルで放棄、であった。大半の債権者は同意しなかった。

通常、破産手続きでは、まず株主の権利は据え置かれ、優先度が高い債権者から返済を受ける。債権者の返済が完了した後に、株主の権利が行使できる。
Appolo、TPGは極めて例外的な線を狙ったわけだ。

米国カジノ業界は競争が厳しく(全米に約1,000ヵ所)、投資収益性は著しく低下している。ゆえに、米国に多くの施設を抱える事業者は損益、財務体質が悪化した。

カジノIRジャパン関連記事
米国:Caesars 子会社CEOC再建計画 著名HFがけん引。予断許さず
米国:Caesars 米国連邦地方裁判所が債権者に有利な判断。株価下落(2)
米国:Caesars 米国連邦地方裁判所が債権者に有利な判断。29日に株価下落

 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

該当記事

Caesars Falls 50% on Court Ruling That May Spur Bankruptcy
記事へのリンク

BLOOMBERG


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
JGC2018
G2E Asia 2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.