カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





今週の新聞・雑誌記事のピックアップ – 7月第4週

2015-07-26

【マスコミ・メディア】

今週、ある地方自治体の職員の方とお話しする機会があった。その方は生まれも育ちもその地域で、地元への愛着を十分感じることができた。彼が一番心配していたのは、そこは“消滅都市”にはなっていないそうだが、数年前から人口が減り続け、若い人たちは、多くが県庁所在地か東京に行ってしまうということだった。

「もうIRしかないのですよ。なぜ法案ダメなんですかね」彼の真剣な問いかけに応える言葉がなかった。「いやあ議連が・・・」「経済界の動きが・・・」と東京情報で話すことはできる。

しかしそれが何になるのだろうか。10年以上もやっていて、まだ法案の見通しさえつかめていないのは事実なのだ。沖縄、広島、長崎のことが他人事のように、地方のIRも他人事ではないのか、そんな思いが離れない。

7月11日 産経新聞 大阪本社版 「『IR大阪誘致』の行方は」

経済部長の内田透氏が「オピニオン」として大阪のIRの状況を綴っている。大阪はIR誘致のライバルを横浜と位置付けているようだが、橋下氏の選挙での敗北によって、地元政官財の連携はうまくいっていないようだ。
しかし、実は大阪の経済的な地盤沈下は激しい。IRという起爆剤がなくても大阪の立て直しは急務なのだ。内田氏は「大阪らしいIRの形」という形で、地元の奮起を促している。
ちなみに新聞社のIRに対する考え方は多様だが、産経新聞はこの間の報道を見ると、賛成記事が多い。

7月22日 日経産業新聞  「香港・周大福など、豪でリゾート」

香港のコングロマリット・周大福が、オーストリア・ブリスベンでの再開発事業を手掛ける権利を獲得した。事業内容はカジノを軸としたIRである。
企業連合の出資比率は、オーストラリアのエコー・エンターテインメントが50%、周大福と遼東発展国際(香港の中堅不動産会社)が25%ずつである。
投資総額は15億ドル。カジノ運営で実績のあるクラウン・リゾートと中国の緑地集団の企業連合も入札には参加していた。

7月22日 日刊ゲンダイ「フジテレビ・お台場 五輪が終わるまで東京でのカジノ建設はなくなった」

森功氏による連載「新政官業研究」の3回目。東京都がカジノ構想から離脱したのは、舛添知事の行動や考え方が大きいという内容である。
まず行動は、猪瀬知事の時までカジノ担当部署は、知事直轄の知事本局・地方分権推進室に置いていたが、舛添氏は知事本局そのものを解体して、カジノ担当は港湾局の企画経理課に移した。ここは問い合わせの窓口にはなるが、民間事業者との折衝などはしない。
また、カジノ誘致を辞めた理由はIOCの一部から「開催地にばくち場をつくるのはどうか」と言われたからであるという。以上の理由から五輪までは東京はカジノ誘致活動をしない、ということのようだ。
しかし、IR法案が通り、その熱が高まってきた時、静観を保つかどうかは分からない。

7月23日 毎日新聞 本社 「大阪会議-初会合 維・自、設置目的で対立 紛糾、議決できず」

大阪府と大阪・堺市の二重行政解消を協議する「大阪戦略調整会議」の初会合が開催された。これは「大阪都構想」の対案として設置されたが、会議は、会議の規約などで都構想にこだわる維新の会とそれを認めない自民党の間で調整がつかず、まとまらなかった。維新の会が都構想にこだわるのは、夢洲でのIR、なにわ筋線、大学統合などの案件があるからだ、としている。

7月23日 日経新聞 「介護、運動サービス競う」

すでにたびたびカジノIRジャパンでも触れてきたが、日本ではギャンブルとしてのカジノは認められていないが、アミューズメントとしてのカジノは多くの場面で登場し親しまれている。
たとえば、カジノバー、船上カジノなどがある。この記事は、介護の現場で模擬カジノが行われているというものである。介護サービス大手・日本エルダリーケアサービスは、デイサービス施設に模擬カジノを作り、疑似貨幣でお年寄りに楽しんでもらっているという。認知症の予防にもつながるようだ。
同じような試みとしては麻雀がすでに全国規模で実施している。

日本健康麻将協会公式サイト

7月23日 日経産業新聞 「意見 根拠も示すAI 日立がソフトウェア開発」

このところ、ロボットやAI(人工知能)のニュースがかまびすしい。次世代の大きな産業ととらえる半面、その進歩の大きさに将来に脅威や不安を感じている人たちも多い。このニュースもそんな話題の一つなのだが、記者がテーマとしたのは「カジノは禁止すべきか」という議題。これに対して、日立が開発したソフトは根拠を示しながら意見を述べると言う。「ギャンブル依存症を拡大させる」「犯罪が増加する」などの反対意見に対して、「カジノによる雇用創出」など賛成意見を出したという。国会論戦は、このソフトを使ってやってみたらどうだろうか。国民の話題になること確実だと思うが。

 

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-Expo-2019
G2E-Asia-2019

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.