カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





米国:マサチューセッツ州 Wynn Everett 州に対して交通混雑対策の追加分を提示

2015-08-02

【海外ニュース】

Wynn Resorts(Wynn)が進めているボストン近郊のWynn verett(投資額$1.7bn)において、地下鉄のアップグレードに$7mnを拠出する。
31日にThe state Department of Transportation、The Massachusetts Bay Transportation Authority(MBTA)は、同投資がIRによる増加トラフィック吸収に貢献するとステートメントを公表。

Wynnはライセンス合意において、すでに$76mn(約91億円)のローカル交通インフラへの投資を確約済み。今回の地下鉄アップグレードはそれへの上乗せとなる。

4月に州政府はWynnにプロジェクト着工の許可を与えなかった。その要因の一つは、交通混雑問題への対策が不十分との判断。

Wynnはこれを受けて約1000ページ以上の資料を用意、具体的な追加対策とその金額も提示した。累積の交通対策の資料は1万ページに及ぶとののこと。

政府は8月末までに交通計画の承認の是非を決定する方向。

マサチューセッツ州は1つのスロットパーラー、3つのIRを開発する方針。2015年6月にはスロットパーラーであるPlainridge Park Casino(投資額$250mn)が開業した。
2018年にはボストン近郊のWynn Everett(投資額$1.7bn)、そして2018年9月にはコネチカット州の境に位置するMGM Springfield(投資額$800mn、従業員数3,000人、土地は約6ha)が開業へ。
最後の3つめのIRは州南東部(Region C)であるが、2015年末までにプロジェクトを選定する見通し。現在、BrocktonのMass Gaming&Entertainment(シカゴのRush Street Gamingの子会社)のプロジェクト(投資額は$650mn)がある。

カジノIRジャパン関連記事:
米国:Wynn Resorts 2Q業績 1-3月と同じペース。Wynn Palace開業は16年3月25日
IRにおけるゲーミングライセンス制度 第13回「マサチューセッツ州のゲーミングライセンスを巡る2つの訴訟」
米国:マサチューセッツ州 Wynnの2000億円計画に遅れ。開業は早くても2018年に

カジノIRジャパン

該当記事

Wynn Wants To Pay For Subway Upgrades In Casino Plan
記事へのリンク

CBS Boston


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.