カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





マカオ:Melco Crown E Studio Cityの開業は10月25日 6事業者がマカオ政府のアピールを競う

2015-08-06

【海外ニュース】

Melco Crown EntertainmentのCEOであるLawrence Ho氏が記者会見。

$3.2bn(約3,800億円)を投下したコタイ地区の新規IRであるStudio Cityの開業が10月27日とした。ハリウッドの映画などコンテンツをフィーチャーした家族向け施設。
Melco Crown Entertainmentにとっては、Altira Macau、City of Dreamsに続くマカオでは三つめの大型施設。

Lawrence Ho氏はマカオ政府とゲーミングテーブルの割当数を交渉中であるとした。Melco Crown Entertainment側はテーブル数400を希望するが、その実現には懸念があるとした。

マカオではコンセッション6事業者がコタイ地区の大型IRの開発を競っている。Studio Cityは5月のGalaxy Macau Phase2&Broadway Macauに続く開業。なお、先日、Wynn ResortsはWynn Palaceの開業を2016年3月25日と発表。

マカオ政府は2017年4月より、各社のコンセッションを早期償還できる権利を得る(行使する場合、適正な対価を支払う義務がある)。そして、2020年、2022年には6事業者のコンセッションは満期を迎え、マカオ政府はその更新するか、しないかを決定する権限を持つ(更新しない場合、事業者はすべての施設をマカオ政府に対価なしで移管)。

こうした中、6事業者はマカオ政府の方針である「ゲーミング、VIP主体」から「ファミリーエンタテインメント、マス主体」への転換への貢献をアピールする必要がある。

カジノIRジャパン関連記事
マカオ:27日 Galaxy Macau Phase2&Broadway Macauオープン。今後のコタイ開発を総括

 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.