カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





【遊技産業の視点 Weekly View】飲酒とパチンコの解禁年齢=SankeiBiz

2015-08-08

【マスコミ・メディア】

解禁年齢についてフォーカスしたレポート。

解禁年齢は以下の通り。

日本:
選挙権=2016年夏の参議院選挙から18歳
飲酒=20歳
公営競技(購入)=20歳
パチンコ(入店)=18歳

海外
選挙権=先進国中心に大半が18歳
飲酒=米国21歳、主要国18歳、欧州ではビールは16歳
カジノ=米国、シンガポール、マカオは21歳。その他多くの国は18歳

レポートではやはりパチンコの法的な「娯楽・遊技」の位置づけを指摘。その位置づけゆえ、18歳の入店が可能なっている。

日本、海外とも選挙権、飲酒、ギャンブルの中では、ギャンブルの解禁年齢が最も高い。

カジノIRジャパン関連記事-パチンコ業界:
【遊技産業の視点 Weekly View】世界における遊技機の可能性=SankeiBiz
【遊技産業の視点 Weekly View】持続可能な産業として生き残る努力を=SankeiBiz
【遊技産業の視点 Weekly View】「カジノ法制化」が引き起こす行政の変化=SankeiBiz
パチンコパチスロイノベーションフェア2015(18日):IR法制化の動きがPS業界の変革を加速
パチンコパチスロイノベーションフェア2015(17日):IR法制化の動きがPS業界の変革を加速

カジノIRジャパン

該当記事

【遊技産業の視点 Weekly View】】飲酒とパチンコの解禁年齢
記事へのリンク

SankeiBiz


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
みんなのQ&A
IR資料室

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.