カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





フィリピン:Bloomberry 2Q業績 赤字。先行投資コスト増、競争激化

2015-08-14

【海外ニュース】

*1フィリピンペソ(PHP)≒2.7円

13日、BLOOMBERRY RESORTSが2Q実績を発表。

BLOOMBERRY RESORTSはマニラ・エンタテインメントシティのSolaire Resort and Casinoを運営。

当期損益は4-6月は前四半期に続き赤字。売上高は伸びたが、コスト増が上回った。要因は、2014年11月のSky Towerの完成、2015年5月より連結対象の韓国済州島のGolden and Luxury(株式96.23%所有)のリノベーションコスト。

同社はジャンケットとの契約を増やし、VIP集客を推進したものの、赤字となった(6月末88事業者、YoY32事業者増加)。2014年12月に開業したCity of Dreams Manilaとの競合激化も響いた。

4-6月の業績:
・売上高はPHP5,986mn、YoY9%増、税引き前損益はPHP280mnの赤字(前年同期はPHP1,523mnの黒字)、当期損益はPHP787mnの赤字(前年同期はPHP847mnの黒字)
・円換算は売上高は約162億円、税引き前損益は7.5億円の赤字、当期損益は21億円の赤字。

1-6月累計の業績:
・売上高はPHP12,329mn、YoY8%増、税引き前損益はPHP144mnの赤字(前年同期はPHP2,982mnの黒字)、当期損益はPHP1,320mnの赤字(前年同期はPHP2,308mnの黒字)
・円換算は売上高は約309億円、税引き前損益は4億円の赤字、当期損益は36億円の赤字。

 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.