カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





ダイナムジャパンHD 夢コーポレーションを株式交換により買収。スケールメリット追求

2015-08-27

【国内ニュース】

25日、ダイナムジャパンホールディングス(ダイナムJHD)はの夢コーポレーションを株式交換により買収することを決定。

ダイナムJHDはダイナム(390店舗)、キャビンプラザ(9店舗)を傘下に持ち、計399店舗を展開。店舗数では業界1位、貸玉収入においてはマルハンに次ぐ2位である。
夢コーポレーションは「夢屋」ブランドを中心に39店舗を展開。店舗数では業界上位20位、貸玉収入は上位50位。
パチンコホール経営企業3,702社あるが、それぞれ大手である。

ダイナムJHDの2015年3月期業績:
グロス売上高(貸玉収入)8,260.7億円、ネット売上高(貸玉収入-景品出庫額)1、545.6億円、経常利益195.2億円

夢コーポレーションの2015年3月期業績:
グロス売上高(貸玉収入)755.6億円、ネット売上高(貸玉収入-景品出庫額)152.8億円、経常利益7.0億円

両社はチェーンストア経営、株式公開を志向する一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会(PCSA)の中心的存在。すでに、ダイナムJHD、ニラクは香港上場した。
夢コーポレーションはダイナムJHDの傘下となることで、上場企業となることになる。

なお、ダイナムジャパンJHDは7月にリゾート開発事業に参入を発表。まずは、下関市のマリンピア豊浦研修所(前身はリゾート・レジャー施設「マリンピアくろい」)の再開発に取り組む。
なお、ダイナムジャパンJHDは同時に日本におけるカジノを含む統合型リゾート(IR)への関心もある。マリンピア豊浦研修所の再開発と、カジノを含む統合型リゾート(IR)との関連性は示されていない

ダイナムジャパンホールディングスHP:
株式会社ダイナムジャパンホールディングスと夢コーポレーション株式会社 両社間における株式交換に関する基本合意書の締結について

カジノIRジャパン関連記事:
ダイナムジャパンHD 『リゾート開発グループ』を新設。山口県下関市を起点に開発へ
パチンコホール運営ニラクの香港上場。グローバルオファリング手取りは42億円
マカオ:Macau Legendとダイナムは協業検討を終了。具体的展開に至らず

カジノIRジャパン


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.