カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





今週の新聞・雑誌記事のピックアップ – 8月第4週

2015-08-29

【マスコミ・メディア】

「やはり今国会もだめですかね」私の問いかけに対して「法案は2日もあれば決められるのだから、大丈夫ですよ」電話の主は元気に応えてくれる。彼は10年以上も日本にカジノを作るために奔走してきた。日本にカジノができない、とは考えていない。

こういう人たちに多く出会ってきた。地元の疲弊を日々目の当たりにしてカジノに救いを求める人、人間の根源的なギャンブル精神を信仰する人。
彼らにはカジノビジネスで大儲け、などと言う邪心はない。純粋にカジノを信じているのである。こういう人たちの存在が、いつも頭の中から離れない。(稲葉)

8月24日 産経新聞「小野寺氏『内閣に突破力ある』」

フジテレビが23日放送した自民党の小野寺五典政調会長代理の発言を再現している。「反対者が多いと政治家がしり込みしてなかなかできない。IR法案など成長戦略も足踏みだ」という問いかけに対して、小野寺氏は「安倍内閣は、選挙にマイナスであっても、日本の平和のために頑張っている。突破力はある。野党が審議を延ばすなど国会戦略の問題でもある。大事なことは協力していただきたい」と発言。

8月25日 日刊ゲンダイ「カジノに続きUSJ誘致も白紙化なら菅官房長官赤っ恥」

森功氏による連載記事の8回目。沖縄でのUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のテーマパーク建設の可能性について述べている。沖縄県と政府は、USJのテーマパ-ク建設の場所として日本一の水族館「美ら海水族館」がある海洋博公園を想定しているが、そもそも美ら海水族館の年間入場者数は300万人で、上野動物園にも東京ディズニーランドにも遠く及ばない。カジノとのセットで集客を図るつもりであったが、カジノ計画は白紙撤回。USJと水族館だけの組み合わせでは、厳しいという。このままではUSJの進出も厳しいのではないかと記事は結んでいる。
登場人物は、菅官房長官と政府・産業競争力会議メンバーの新浪剛史氏。

8月26日 神奈川新聞「IRを起爆剤に 横浜経済人会議 関係者ら意見交換」

本サイトでも紹介した横浜経済人会議(横浜青年会議所主催)の内容を伝えている。IRに関してはメディアのスタンスが重要だが、はっきり反対の立場をとっている北海道新聞を除くと、ほかの地方紙は中立的な報道が目立つ。東京が候補を下りてから首都圏では横浜が一気に浮上してきたが、地元紙神奈川新聞は、今のところ事実だけを淡々と伝えている。

8月28日 産経新聞「『大阪の課題に集中を』財界期待」

テーマは、維新の党の分裂騒ぎである。ここでは政局には触れないが、これによって、大阪府・市の二重行政解消やIRへの取り組みに期待する財界の声を紹介している。
 

カジノIRジャパン


No tags for this post.
ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Kansai-IR-Showcase
JGC2018
G2E Asia 2018

カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.