カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





英国:オンラインギャンブル GVCがbwin.partyを買収へ 888 Holdingsに競り勝つ

2015-09-02

【海外ニュース】

英国ではオンラインギャンブル運営のBwin.party Digital Entertainment(Bwin.party)の買収を巡り、GVC Holdings(GVC)、888 Holdings(888)が争っていた。

1日、現地メディアによれば、GVCが競り勝つ見通し。一時、Bwin.partyの経営陣が888の提案を選択するとの見方もあったが、GVCはそうした見方をひっくり返した。

5月にGVCが、7月には888が、Bwin.partyに買収提案した。買収提案額はGVCが£1bn(約1,900億円)、888が£870mn(約1,700億円)。

888 Holdingsはジブラルタル登録。2014年の売上高は約482億円、従業員数は1,300名。オンラインのカジノゲーミング、ポーカー、ビンゴを主力とする。

Bwin.Partyはジブラルタル登録、2014年の売上高は約830億円、従業員数は2,300名。オンラインのカジノゲーミング、ポーカー、スポーツベッティングを提供。

GVC Holdingsはマン島に登録、2014年の売上高は420億円、従業員数は700名。オンラインのスポーツベッティングを主力とし、売上高の半分を占める。

英国のギャンブル産業では大型の合従連衡の動きが活発。税制改正(英国におけるpoint-of-consumption taxの導入計画。英国内のオンライン売上高に課税。オペレーターの所在地に関わらず)、競合によるマーケティングコストの高騰、規制強化 の流れが背景。
合併の目的は、スケールメリット、合理化コストダウン。

7月末にはスポーツベッティング大手のLadbrokesとGala Coralが合併に合意、8月26日にはBetfair GroupとアイルランドのPaddy Powerが合併に基本合意した。

カジノIRジャパン関連記事:
英国:BetfairとPaddy Powerが合併に基本合意 大型再編続く 環境変化の中、スケールメリット追求
英国:オンラインギャンブル 888 HoldingsがBwin.partyに買収提案。買収額1700億円
英国:LadbrokesがGala Coral Groupに買収提案 スポーツベッティング大手2社
英国:オンラインギャンブル GVC HoldingsがBwin.Partyに買収提案。小が大に対して

カジノIRジャパン

該当記事

GVC set to win battle for bwin.party
記事へのリンク

THE INDEPENDENT


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-2019
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.