カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





テニアン:Bridge Investment Group タイタニックをテーマとする$150mnプロジェクトが本格始動

2015-09-03

【海外ニュース】

北マリアナ諸島(Commonwealth of the Northern Mariana Islands、CNMI)はプエルトリコと並ぶ、米国のコモンウェルス(米国自治連邦区)である。
北マリアナ諸島は14の島で構成されるが、居住区を持つのはサイパン、テニアン、ロタ。このうち、サイパンが最大である。

テニアン島では現在、Tinian Dynasty Hotel & Casino(現在、休業)が唯一のカジノ施設であるが、これに加えて二つのカジノを含む統合型リゾート(IR)の計画がある。
一つは、米国のBridge Investment Groupが進める投資額$150mn(約180億円)、300室の計画。
もう一つは、マカオのAlter City Groupが進める土地150ha、投資額$1.3bn(約1,500億円)の計画。

Bridge Investment Groupはグローバルレジャーデザイン企業であるYWS Designを選定したと発表。タイタニック、19世紀初をテーマとしたIR構想を明らかとした。なお、YWS DesignのCEOであるTom Wucherer氏はラスベガスのBellagio、Treasure Islandのデザイン設計を担当。
Bridge Investment Groupはすでにカジノライセンス(条件付き)を取得済み、2016年1月に着工予定。すでに、建設要員の確保を進めており、8月24日には第一便の資材が島に搬入された。

なお、Tinian Dynasty Hotel & Casinoは、現在、Hong Kong Entertainment (Overseas) Investmentsの所有下であるが、Tinian Entertainmentが取得する方向で作業を進めている。
Tinian Entertainmentは中国の投資会社(不動産、金融)であり、香港証券取引所に上場するChinese Strategic Holdingsの子会社。
Chinese Strategic Holdingsの2014年度の当期利益はHK$56mn(約8億円)、年度末の株主資本はHK$852mn(約130億円)。

カジノIRジャパン関連記事:
サイパン:Best Sunshine 7月にカジノ開業。当初計画の大型IRから乖離も
テニアン:Tinian Dynasty  米司法省と和解 マネロンルール違反について。ジャンケット活動を注視
テニアン: Tinian Dynasty 香港上場のChinese Strategic Holdingsが取得に向けたMOUを締結

カジノIRジャパン

該当記事

Bridge Investment Group engages international hotel and casino designer
記事へのリンク

Marianas Variety


ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
Hokkaido-Expo-20191204canceled
Yokohama-Expo-2020
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.