カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

日本型IRへの道日本型IRへの道
ご利用規約お問合わせ





韓国:Bloomberry 済州島Jeju Sun Hotel & Casino再オープンへ 同社初のフィリピン外の事業

2015-09-14

【海外ニュース】

14日、Bloomberryは9月中に済州島のJeju Sun Hotel & Casinoを再オープンすると発表。BloomberyのIR事業としては初の海外事業となる。

Bloomberryは3月に済州島のT.H.E.Hotel & Vegas Casinoを所有するGolden & Luxury社の買収を発表した。Bloomberryは5月に改装を開始した。
新ブランド”Jeju Sun Hotel & Casino”は新たなマネジメントを雇用し、第一期を9月に、12月に第二期をオープンさせる予定。ホテルは208室、カジノは2,125㎡。第二期までの改装費はUS$15mn(約18億円)。

BloomberryはJeju Sun Hotel & Casinoの株式の96.23%を所有。Bloomberryが10%を所有し、子会社のSolaire Korea Co., Ltdが86.23%を所有。

Blooberryは2015年に入り、韓国における活動を活発化。1月に仁川空港近くの舞衣島の土地を、3月に同じく仁川空港近くの実尾島の土地購入を発表(舞衣島12.2ha、実尾島20.96ha)。そして、韓国が2015年に選定する2つの追加IR枠の競争に参加する方針を表明。
一方、3月に済州島のGolden & Luxury社の買収を発表。

Bloomberryは日本、台湾への進出意欲を繰り返しアピールしている。むろん、日本のIRの収益ポテンシャルはアジア、世界の新規事業機会として突出しており、最重要ターゲットとなることは言うまでもない。

ただし、Bloomberryは地元フィリピンにおけるIR事業が、市場成長率の低下、施設間競争の激化、設備投資負担により赤字転落している。中期的にもフィリピンの競争は一段と激化する方向。
本国の業績悪化が海外展開力に影響を与える可能性もある。

カジノIRジャパン関連記事:
フィリピン:IR3社計の1-6月業績 20%増収、赤字転落。中期的に一段と施設間競争は激化へ
台湾:フィリピンBloomberry 台湾への進出を検討。引き続き日本、韓国にも意欲
韓国:比Bloomberry 韓国側パートナーと交渉中。新たなIR2枠を巡る動きが活発化
韓国:フィリピンBloomberryが仁川空港近くの土地、済州島カジノ事業者を買収
 

<海外主要オペレーターの会社情報、株価>

「IR関連企業&株価」の「海外主要オペレーター」を参照ください。
「海外主要オペレーター」

カジノIRジャパン

ご要望お問合わせ

NEWS&TOPICSNEWS&TOPICS
法案NOW
IR関連法案 最新記事
IR資料室
supercity-smartcity-osaka-2020
Yokohama-Expo-2020
Hokkaido-Expo-20191204canceled
カジノ関連団体のご紹介
業界関連団体のご紹介
地方誘致団体のご紹介


トップへ戻る
ご利用規約 | お問い合わせ
Copyrights© Casino IR Japan All Rights Reserved.